『栄光』百四十二号 昭和二十七年二月六日


罪の(もと)は薬


 此題を見た誰もは、大いに驚くであらう。罪と薬と関係あるなどとは、テンデ夢に思えないからである。
処が事実大いにあるのだから、不思議も不思議、奇想天外といってもいい。
それを今かいてみるが、私がいつもいう通り薬は毒で、身体へ入れると血が(にご)る。
血が濁れば霊が曇る、霊が曇ると人間は不快感が起る。此不快感こそ曲者(くせもの)で、此結果どうなるかというと気が焦々(いらいら)し、怒り易くなるから、どうしても争う事になる。何よりも人間は気持のいい時は、少々変な事を言われても 笑って済ませるが、此方が気持の悪い時は、僅かな事でも(つい)腹が立つ、というように人間は気持次第で明るくもなれば暗くもなる。処が此気持という奴運不運にも大いに関係があるのだから、軽くは見られない。というのは人間生活上、感情位重要なものはない。例えば夫婦が別れるのも、親子兄弟の争いも、友人同志のいざこざも、酷いのになると失業の原因となる事さえある。

 言う迄もなく官公吏や会社員など、上役から愛され、信任されるのも、同僚との交際や商人が御得意から引立てられるのも、技術家の成績も、学生の勉強も、全く感情が大いに影響するのは誰も知る処である。
以上は普通ありふれた事だが、之が発展するとエライ事になる。

 それは余程修業が出来ていない限り、普通人では、不快感を(まぎ)らそうとして、刺戟を求めようとする。
其為一番多いのが酒で、次が賭事であろう。
近来競輪やパチンコなどの流行もそれである。中には少し懐が温くなり、地位や身分が出来ると、贅沢な暮しや、女遊び等の刺戟を求める。それには勿論金がかかるから、(つい)良からぬ手段で得ようとする。遣い込み、誤魔化し、汚職なども其為であるが、恐ろしいのは近頃僅かばかりの金が欲しさに人殺しさえする奴がよくある。
()うみてくると犯罪の蔭には女ありと言われるが、私は其奥(そのおく)に薬ありと言いたいのである。
以上の如く、近頃は心を(まぎ)らわそうとして、益々強い刺戟を求めるので悪質の娯楽機関は益々増え、而も昔と違って交通の発達と相俟って、至極手軽に出来るし、又階級制度の撤廃もあり、真面目な生活は馬鹿々々しくなるというのが現在の世相である。

 以上は明るい面のみをかいたのであるが、では暗い面はどうかというと之が又大変である。
勿論病気の原因が其殆んどであり、而も近代人は矢鱈(やたら)に薬を()んだり注射をしたりするので、益々病気が殖え、不快感の人間が多くなる。
そんな訳で医療費や仕事を休む為の収入減等で、懐は苦しくなるから借金はする、人に迷惑を掛ける事になるので、世の中が益々面白くなくなると共に、病気に対して医療は一時抑えで根本的に治らないから長引き、二進(にっち)三進(さっち)もゆかなくなり、切羽詰った揚句、人の物を盗むとか、気の弱いのは自殺や一家心中を企てる事になる。
此様な悲劇は日々の新聞を賑しているが、特に多いのが結核の為の悲劇である。
此様にみてくると犯罪の原因は人 間の不快感であり、其又原因が薬剤である。としたら標題の意味も分ったであろう。