『自観叢書』第十二篇 昭和二十五年一月三十日


()の字


 私は常に、順序を正しくせよと言うが、此順序をタッタ一字で表わしたのが、 「()」の字である。今此主の字を解剖してみよう。

 上中下の横棒三本は天地人、日月地(じつげつち)、五六七、神幽現という意味で、それを経の棒が貫き、一番上に(チョン)が乗っている、之が正しい順序で、政治でも、経済でも、教育宗教でも、一家庭でも、一切万事此形でゆかなければならないのである。
処が、今日まで(あら)ゆるものは、大抵経緯が別々で、その最も大きなものは、経の東洋思想と、緯の西洋とで、離れ放れであった。処が(いよい)よ時節到来、十字に結ぶ事になったのである。
即ち()の字の真中が十の字であり、上下の横棒は天と地である、つまり人間界は天地の中間であるから、人間界が十字に結ばるという訳である。
之が地上天国の実相で、即ち十字の形の神の世界である。
神という言葉もその意味である。
カとは火、ミとは水で、火は経に燃え、水は緯に流れる。
之が結んでカミというのである。神御産霊(かむみむすび)高御産霊(たかみむすび)という通り、神の御働きは結びである。
又仏はホトケであり、ホドケル言霊であるから、ホドケている世界を、神が結ぶというのが、今や来らんとする大転換である。
キリスト教徒が胸に描く十字架もそれの暗示であり、仏教の卍も同様の意味で()だ「仏教の卍は、十の字の一つ一つが(まが)っている。之は十の字に結ばると共に廻転が始まる。」という訳である。
以上の意味によって一切は三段階でなければうまくゆかない。上下を真中の十でしっかり結んで、上下の棒を支えている、という事は、中産階級が上層と下層階級を調和させる役という意味にもなる。
そうして一番上に首脳者が座って主宰するのであるから、主の形にすれば、何事も破綻なくうまくゆくのである。
政治でも、会社経営でも、団体運営でも、理屈は同じで、吾等が常に唱うるミロクの世の姿である。