『御教え集』十三号、昭和二十七年九月二十五日


八月二十五日

 此の頃聞いた話ですが、病気なんかに就いて私の言う事を間違う点があるのです。
それは斯ういうことの間違があるのです。
私が「人間の健康には無理をした方が良い。無理をしなければ丈夫にならない」という事を前から言つているのですが、之は健康の人に言つているので、病人に言っているのではないのです。

処が病人に対して「楽にしてはいけない。無理をしても身体を動かさなければならない」と、斯ういう人が居るのです。これは大変な間違です。結局根本は自然が良いのです。

起きるのは大儀だ、寝て居たい。というのは寝ているのが良いのです。自然なのですから寝て居る様にする。それから身体に元気が出てもうじつとして居られない。寝て居られない。どうしても起きたい、歩きたい。というのはもうそれで良いのですから、そうすれば良い。飽迄(あくまで)自然でなければならない。

ですから病人に対して言う事と健康な人に対して言う事とは逆な事が沢山あるのです。それを一緒にして(しま)うのが一番困るので、飽迄自然です。

一番滑稽なのは、昔私がリンゴを食べなかった。すると「明主様は()うしてリンゴをおあがりにならないのです」と言うから、私は「リンゴは旨くないから――つゆ気がないから――私は、つゆ気がある物が好きだから」と、その時分は盛んにミカンを食べたものです。

それが大変な事になって「明主様がリンゴをおあがりにならないのは、リンゴは毒だから」と言う、そういう事があったのです。随分私は取消したが、今以(いまも)ってあるのです。

そういうのは未だ良いが、斯ういう人があるのです。

之は、地方の者ですが「リンゴはよく医者や何かで薬になると言っている。
だから医者なんかはリンゴを食えと言う。リンゴが薬になるということをみると、その薬毒の害を蒙る。薬の気があるというのだから、リンゴを食べれば薬毒の害がある」と言うのです。

そこ迄来ては、何と言って良いか分らない。之も自然に反するのです。
リンゴでも柿でも、神様は人間に食べさせる為に作ってあるのですから、リンゴがいけないとか柿がいけない何がいけないという事は大変な間違です。

リンゴというのは人間が食べる為に出来ているのです。つまり味というのが大変に必要なものなのです。

ですから農業の方は自然農法と言いますが、医学の方でも健康に就いてはやはり自然が良いのです。
食物も自然、それから運動とか動作というものも自然です。

又熱があったり風邪を引いて色んな事があっても、立派に仕事が出来る、それ程苦痛ではない、という人は仕事をしても良いです。

私は随分風邪引とか熱があるとかしても、構わず仕事をしてます――それ程苦痛ではないから。それはそれで良いです。そういう風に飽迄自然です。それで、起きているのは嫌だ寝ている方が良い、というのは寝て良いのです。

その事で、医学の方で間違っているのは「起きて居てはいけない、絶対安静だ」と言って、フウフウ言って寝ているのです。

私の本にも書いてありますが、ピンピンしているのが、健康診断で肺に曇りがある、絶対安静でなければならないと言って、段々弱らせて命迄亡くしたという人がありますが、之は反自然だからいけないのです。

そういうわけですから、此点を間違っている人は大いに訂正しなければいけないと思う。