『光』二十九号、昭和二十四年十月一日


幸福の秘訣


 幸福の秘訣などというと、何か特別の魔法でも使ふように想ふかも知れないが、決してそうではない、至極当り前の話である、
ただその当りまえの事を世人はあまりに気がつかないのである。

 今社会全般を見渡した時、真の幸福者は一体幾人あるであろうか、恐らく一人もないといってよかろう、
事程、左様に苦悩の世界である、実に如何なる人と(いえど)も失敗、失業、病苦、貧困、不和、懐疑、悲観等、実に首枷、足枷を()めれら、牢獄に呻吟しているというのが有りのままの姿であらう。

 先づ、誰しも平静になって考える時、こういふ疑問が起るであろう、
全体造物主である神様は、人間を造っておきながら、之程苦しませるといふ事はどういう訳であらうか、何故もっと不幸よりも幸福の多い世界にして呉れないのであらうかと思はない訳にはゆくまい、と考えると何かそこに割り切れないものがあるに違いない、従而(したがって)その割り切れない点を誰しも知りたいであらうから、それを説明してみよう。

 人間の発生した原始時代から今日只今まで厳然として存在を続けているものとしては先づ善と悪とであらう、之は真理である、
そうして(この)善悪といふ相反する性質のものは、常に摩擦し争闘しつつ、今(もっ)て勝負がつかないでいる、処が、よく考えると、(この)善悪の摩擦によって今日の如き文化の発展を見たのであるといふ事も(また)真理である、此事(このこと)(つい)て私はよく(たず)ねられた事がある、
それは神様は愛であり、慈悲であるとしたら、最後の審判などといって人間に悪い行をさせ、罪を作らせておき乍ら、それを罰するというのはどうも訳が分らない、最初から悪人を作らなければ罰も、審判の必要もないではないかと言うのであるが、之は(もっと)も千万な話で、実をいうと私もそう思っている、然し乍ら私が人間を造ったとすればその説明は容易だが、私と(いえど)も造られた存在である以上徹底した説明は出来よう筈がない、強いて説明をすれば神の御心は斯うであろうと想像する以外、説明のしようはないであろう、とすれば、そんな穿鑿(せんさく)は有閑人に委せて、吾々としては現実を主とし、生ある間幸福者たり得ればそれでいいのである。
故に何よりも右の根源を発見し実行する事である、ではその方法はといへば常に吾々のいう、他人を幸福にする事で、ただ(この)一事だけである、処がそれには最もいい方法がある、その方法を私は長い間実行していて、素晴しい好結果を挙げているので、それを教えたい為に(この)文をかいたのである。

 右を先づ簡単にいえば、出来るだけ善事を行うのである、
始終間さえあれば何か善い事をしようと心掛けるのである、例えば人を喜ばせよう、世の中の為になら妻は夫を気持よく働かせるようにし、夫は妻を親切にし安心させ喜ばせるようにする、親は子を愛するのは当然だが、叡智を働かせて子供の将来を思い、封建的でなく、子供は親に快く心服し、愉快に勉強させるようにする、
其他日常(すべ)ての場合相手に希望をもたせるようにし、上役に対しても下役に対しても愛と親切とを旨とし出来る限り誠を尽すのである、政治家は自分の事を棚上げにして国民の幸福を第一とし(すべ)て模範を示すようにする、勿論、一般人も一生懸命善事を行う事につとめ智慧を揮ひ、努力するのである、斯様(かよう)に善事を多くした人程幸福者になる事は受合(うけあい)である。

 以上のようにみんなが気を揃えて善事を行ったとしたら、国家も社会もどうなるであろうかを想像してみるがいい、先づ世界一の理想国家となり、世界中から尊敬を受けるのは勿論である、
その結果あらゆる忌はしい問題は解消し吾等が唱える病貧争絶無の地上天国は出現し人民の幸福は計り知れないものがあろう事は、
大地を打つ槌は外れてもこれは決して外れっこはない。


 処がだ、現在としての現実はどうであろうか、(およ)そ右と反対で、悪事を一生懸命しようとする人間が滔々(とうとう)たる有様で、嘘をつき人を誤魔化し、己のみうまい事をしようとして日も(これ)足らずの有様である、実に悪人の社会といっても過言ではない、これでは幸福などは千里の先へ行きっきりで帰る筈はない。
其上困った事には、斯ういう地獄世界を当然な社会状態と決めてしまって、改革などは夢にも思わないのである、而も吾々が斯ういう地獄世界を天国化すべく活動するのを妨害する奴さえある、之こそ自分から好んで不幸者となり、最低地獄へ落ちるようなものである、斯ういう人間を吾等からみる時、最も(あわれ)むべき愚人以外の何物でもないと共に吾等は之等の人間の救われん事を常に神に祈願しているのである。

  あまり長くなるから(ここ)で筆を()くが、以上の意味をよく玩味すれば、幸福者たる事は、敢て難事ではない事を知るであろう。
(自観)