昭和十年


(いわし)(あたま)信心(しんじん)とは(おお)いなる(あやま)りである


 昔から唱えられて来た「(いわし)の頭も信心から」と言う言葉がある。
其言葉を一般の人は、真理であるかの様に思っているのであるが、之は大変な誤りである。

 抑々(そもそも)人間が、信仰的信念を(もっ)て拝む場合、基本体即ち、的である処のものは、飽迄(あくませ)も崇高なる神格と、正しい第一義的の神霊でなくてはならないのである。
それは、如何なる意味かと言うと、崇敬し、拝跪(はいき)すべき御神霊は、人間よりも、霊的段階の最上位の御神格程良いのである。
何となれば、常に礼拝する御神格が高ければ高い(だけ)、人間の霊魂はより向上すべきものなのである。

 此理に()って鰯の頭を拝めば、鰯の頭以下の霊格に()ち、狐狸(こり)を拝めば、獣類如何に()ちるのは当然である。
故に()ういう低級信仰を続けるに於いては、不知不識(しらずしらず)、其人の心性は獣類以下に下劣となり、利己的となるものである。
其結果、善に属する事よりも、悪に属する行為をし勝ちになり、それが又、罪を構成するから、其罪に()って何時かは不幸を招き、悲惨な境遇となるのである。
故に熱心な信仰をしながら、不幸や病気、災難などに、次々悩まされるという訳は、其信仰の的たる神霊が、実は、低位の神かまたは邪心系統に属する神なのであるから、其点を充分注意しなければ、(かえ)って信仰すればする程、不幸な境遇に陥るのである。

 真に正しい、高位の神仏を信仰、礼拝するに於いては、月日を経るに従い、病人は無くなり、物資は豊かになり、一家円満にして、自然に栄えてゆくものである。然し、()ういう信仰は(まこと)に少ないので、世の中を見渡しても、殆んど見当たらない位である。

 大抵の信仰は、如何程信仰しても、不幸が消えないので止むを得ず、不幸は神の試練だとか、罪障消滅の為だとか、種々苦しい言訳(いいわけ)を作り、(はて)は不幸を楽しむのが、真の信仰に徹底した人の(よう)()う様になったので、実に間違いも(はなは)だしいのである。
之を()ってみても、今日迄の信仰の価値は想像出来るであろう。

 然らば真に正しい、高位の御神霊は、何神で被在(あらせ)らるるかというと、それは()の神の表現神で被在(あらせ)らるる天照皇大神様であられるのである。
天照皇大神様は、最尊最貴の御神格に(わた)らせらるる(ゆえ)に、人民が自己の希望を念願し奉る如きは、(まこと)に恐れ多いのである。

 恐れ多き儀ながら、陛下に対し奉り、人民が直々(じきじき)に、何とも願い言は(かな)わないのと同じ意味であるのである。

 此故を(もっ)て、主神(すしん)伊都能売神(いづのめのかみ)を介して観世音菩薩に、救いの力を与え(たも)うたのである。

 (ここ)に、一切衆生を救わせ給うとしては、神の御名に(おい)ては、其格位に対する神律上、或程度より下ら(たま)う事は、不可能であるから、止むを得ず、神界より下位である仏界に顕現され給うのである。
(しか)も菩薩位は仏界に於ても、低位であるから、如何なる卑しき、(しず)伏屋(ふせや)でも、奉斎する以上、鎮まり(たま)いて、御守護被遊(あそば)さるるのである。
随而(したがって)、正しき事は、(すべ)て受入れ(たま)うのである。

 最高の御神格の被在(あらせ)らるる、天照大御神様を御奉斎するには、相応の理に()って、其神床も祭壇も、荘厳にして、清浄でなくては恐れ多いのである。
勿論一切檜造りにして、礼拝する上にも、其都度(そのつど)斎戒沐浴(さいかいもくよく)して、(いや)が上にも慎重な心構えを(もっ)て、なさなければならないのである。
今日の如く、千余年以上、仏教弘通(ぐつう)された為に、神を忘れておった日本人としては、今直ちに、厳格なる式法を(もっ)て臨むのは、全く無理であろうと思うのである。

 それ故に、如何なる家、如何なる場所と(いえど)も、それ相応に、簡略に奉斎され得て、(しか)も如何なる願事を申しても、非礼の罪を(ゆる)させ(たま)うのが、観世音菩薩の大慈大悲(だいじだいひ)の御心であり、又、時所位に応じ円通自在、自由無碍なる所以であり、到る処、救いの光を恵ませ(たま)い一切衆生をして一人も漏れなく、慈光に浴せしめん、有難き御本尊であるのである。
無碍光如来(むげこうにょらい)の御名こそ、(まこと)()く、それを表わし(たま)うと思うのである。

 又現今、各宗教の祭神及び本仏は、外国系統が多いのであるが、それは殆んど、世人は気が付かないのである。
日本人は、最優秀の霊格であるから、それに相応しない、外国の神仏を拝むのは、大いに間違っているのである。
今日之程(これほど)多くの宗教があり、それぞれ信仰をしているに不拘(かかわらず)、病気や不幸が多い原因としては、それ等の点も(すくな)からずあるのである。

 之を要するに、日本人としては、天照大神様を尊信し、伊都能売神(いづのめのかみ)又は、観世音菩薩に対し奉り御守護と御霊徳を願い奉る事が、最も間違いない信仰である事を、心得ねばならないのである。