『天国の福音』


痔疾患


 此病気は日本人特有のものであらう。
種類も脱肛、内痔核、外痔核、出血、掻痒症、痔瘻(じろう)等がある。
何れも浄化に()る膿及じ毒血が肛門部から排泄されようとする為である。
本医術によれば何れも容易に全治するが、但だ痔瘻(じろう)のみは他の痔と異る。
それは激痛と多量の膿が排泄されるからで、勿論治癒に長時日を要する。
医家は初発時穿孔排膿(せんこうはいのう)を行ふが、此為(さき)に喉頭結核に於て説いた如く、隣接部に再腫脹する。又手術といふ具合に漸次瘻孔(ろうこう)を増し、遂には蜂の巣の如くなるものである。
此理によって初発時放任しておけば自然穿孔し、保有するだけの排膿によって全治するが、本施術によれば如何なる重症と(いえど)も短期間に全治する。
世間よく痔瘻(じろう)は治ると肺病になるといふが、之は手術等によって排膿を停止する場合、膿は肺に向って侵入喀痰となって排泄される……その為であるから、痔瘻(じろう)によって肛門から排泄される方が安全で、苦痛も少い訳である。
膿は脊髄カリヱスと同一原因で、脊柱部を通じて流下するものである。

 茲に心得おくべき事は、痔出血は非常に良いのである。
何となれば、之によって頭脳頸部肩等の凝りの原因である……毒血が減少されるからである。
痔瘻(じろう)()る膿の排泄も同様の効果があるを以て、世人の恐るる痔瘻(じろう)も出血も実に天の恩恵ともいふべきある。