『天国の福音』


耳鼻咽喉疾患


 耳病としては中耳炎、耳鳴、耳垂、聾耳等であり、中耳炎は既説したから省くが、耳鳴は医学上原因不明で治療の方法は無いとされてゐる。
真因としては(さき)に説いた如く、内耳近接部の頭脳、顳顬(こめかみ)部、延髄部、耳下腺等に溜結せる毒素の緩慢な浄化に()る溶解の為のその響きである。そうして最も多いのは、内耳に近接せる耳下腺末端部の毒結である。

 耳垂は淋巴腺部の毒結が溶解、耳下腺を通じて排泄せらるるのであるから、放任しておけば自然に膿出し全治するのである。然るに医療を受ける場合、薬液にて洗滌するから、薬毒が粘膜から浸潤し膿となって排泄さるるが故に、同一の事を繰返す場合、三年も五年も病院通ひしても治らず懊悩してゐる患者は世間少くないのである。
従而(したがって)右の如き場合医療をやめて放任しておけば漸次恢復に向ふのである。

 聾耳は先天的と後天的とあり、又体的と霊的との区別がある。
霊的は後説するから体的を説いてみる。これは毒素が耳下腺から内耳へかけ固結し、聴神経を抑圧無力化する為であって、之は本医術によれば治癒し易いのである。茲に注意すべきは、耳病に対しO氏管通風をよく行ふが、之は非常に危険である。此方法で軽微の聾耳が重症又は全聾(ぜんろう)になった例も往々あるのである。

 次に鼻病としては畜膿、肥厚性鼻炎、鼻茸、無嗅覚等あるが、原因は何れも同一であって鼻の両側及び後頭部、特に延髄附近、前頭部より前額部にかけての溜結毒素の浄化である。
畜膿は鼻の両側に於ける毒素が原因で常に鼻孔から鼻汁となって排泄せらるるのである。そうして鼻側の皮下にある。溜結毒素の多少を知るには一寸指圧すれば痛みによって判るが、之も耳垂の場合と等しく放任によって全治する。医療は薬液洗滌を行ふ為、悪化又は慢性となるのである。
肥厚性鼻炎は鼻汁中の毒素が粘膜を刺戟し加答児(カタル)を起す為であり、鼻孔に小腫物、痛み、(かゆ)み、(かわ)き等を覚えるのは、矢張り鼻汁中の毒素の刺戟に()るのである。
鼻茸は膿の固結したもので腫物の根の如きものである。医療は畜膿も鼻茸も手術除去を行ふが、之は一旦治癒しても必ず再発するもので、(つい)に手術中毒となる場合が相当ある。
特に注意すべきは畜膿手術失敗の為、生命を失ふ事さへ偶々あるのである。而も此場合患者は激烈なる苦痛に堪へかね狂乱の極暴れ廻って死ぬのであるから恐るべきである。

 無嗅覚の原因は、鼻の尖端に毒素溜結し、嗅覚神経を麻痺させる場合と、後頭部下辺に毒素溜結の為とである。
そうして慢性と急性とあり、前者に於ては自然的緩慢なる毒素溜結であり、後者にあっては麻酔剤使用又は瓦斯(ガス)中毒等に()るもので急性は簡単に治癒するが慢性は長時日を要するのである。

 鼻孔閉塞に対してコカイン吸入を行ふが、之は慎まねばならない。
何となれば一時は爽快を覚えるが癖となり、終に中毒的となるもので、之が長年月に及ぶ時、頭脳に支障を来し、甚だしきは死の原因となる事さへある。

 次に咽喉疾患であるが、普通は感冒に伴ふもので、之は簡単に治癒するが、恐るべきは喉頭結核である。
之は最初淋巴腺附近に溜結せる毒素の浄化であるが、医療は之を極力停止せしめんとして種々の方法を行ふ為、病毒は(つい)に内部に移行する事となる。その結果発声機能を犯し、声嗄れや又は咽喉を犯し、食物嚥下に支障を来す事になる。そうして漸次飲食困難となり、末期には水さへ通らなくなり死に到るのである。又医療は手術を行ふが、之も不可であって左の一例はそれをよく物語ってゐる。

四十歳位の男子、最初淋巴腺部に固結が出来、発熱腫脹したので病院に入り手術を受けた処、まだ疵が治癒しないうち隣接部へ腫脹が出来、(また)手術といふ具合に繰返すうち、今度は反対側へ出来始めたので(また)手術(また)腫脹といふ訳で、漸次衰弱(つい)に死亡したのである。

之は勿論手術の為であって、之に就て心得おくべき事は、毒結が腫脹の場合、手術又は穿孔等によって、排膿を行ふ時は毒素集溜作用は停止さるるのである。
従而(したがって)右の患者の場合、集溜作用を妨害せられた毒素は止むを得ず、隣接部又は内部へ排泄口を求めんとして腫脹する。此理によって如何なる腫物と雖も決して人為的に穿孔又は切開し、排膿を行ふ事は慎しまねばならない。腫物が如何に大となるも自然に皮膚が破れて排膿するまで待つべきである。而も実験上手術によるよりも自然排膿の方が、治癒日数も何分の一に短縮され何等の危険なく痕跡も残さないのである。
然るに手術は右と反対で、此患者の如きは、何等生命に危険なき症状であるに係はらず誤れる医療の為に、莫大なる費用と、長時日の苦痛の結果、(つい)に貴重なる生命をまで犠牲に供した事は、医学の罪過たるもの看過し難いものがある。