『天国の福音』


痛苦


 痛苦即ち痛みなるものは前にも述べた如く、浄化発熱によって固結毒素が溶解され液体化され、それが(いず)れかに出口を求め、その方向に進まんとする運動が筋肉の神経を刺戟する為である。

 痛みの症状は盲腸炎、急性腹膜炎、急性腎臓炎、胃及び腸に痙攣、頭痛、歯痛、中耳炎、リョウマチス、各種神経痛等実に多種多様であるが、多くは右の理に()るのである。
又骨膜炎、骨髄炎、肋骨カリヱス等骨に関する痛みの原因は骨膜に凝結した毒素が浄化溶解によって表面へ滲出せんとし、骨そのものに無数の極微な穿孔(せんこう)をする、その為の激痛である。歯根膜炎、中耳炎等もそうである。
右の穿孔(せんこう)(あな)は病気治癒後速かに原形に復すのである。
此場合医家は往々骨が腐るといふが、之は誤謬である。
次に瘭疽(ひょうそ)及び脱疽(だっそ)の激痛がある。之は患部が暗紫色に腫脹し、漸次拡充する。その状態が恰度(ちょうど)腐れゆく如く見ゆるので医家は腐敗となし一刻も速く切断するを可とするが、之は大いなる誤謬である。
何となれば右の状態は或程度拡充してから必ず停止するものであるにみて腐敗でない事は明かである。
其他火傷、刀傷、打撲傷等もあるが、之等は病気と異り、自然治癒するのである。
然し之等に対し、消毒薬の塗布等を行ふ為に、容易に治癒し難くなる例は非常に多いのである。
斯かる場合薬剤を廃し、患部を清水に洗ふだけで自然によく治癒するのである。

 既記の如く痛苦の原因は悉く薬毒に()るのであるから、多種多様の痛みは多種多様の薬剤があるからである。

 本医術に依る時、痛苦は速かに治癒する。
特に瘭疽(ひょうそ)、脱疽等の如き激痛と(いえど)も一回乃至三回位にて無痛となり、患者は驚喜するのである。