『天国の福音』


掻痒苦


 掻痒苦(そうようく)は痛みに比して侮り難い苦痛である事は誰も知る処である。
原因は勿論薬毒、然毒及び食餌中毒の三種であり、一般に知られてゐるものとしては()疥癬(かいせん)蕁麻疹(じんましん)である。
(この)原因は主に前者は然毒後者はカルシュウム注射、ヨード剤等である。

 疥癬(かいせん)は種痘に()る陰化然毒の浄化作用であるから、天然痘が急性なるに反し、之は慢性天然痘ともいふべきもので、短きは数ケ月長きは数ケ年に及ぶものさへある。
蕁麻疹(じんましん)に対しよくカルシュウム注射を行ふが、一時的効果はあるが、時を経て必ず増悪再発するのである。
又他の目的によってカルシュウム注射を行ふ場合も、時を経れば必ず蕁麻疹(じんましん)が発生するが、(この)病気は放任しておけば必ず治癒するのである。
蕁麻疹(じんましん)にも種類があり、普通は無数の微粒が皮膚面に表はれるが、斑点、地図型等のものもあり、最初は紅色を呈するが、治癒するに従ひ黒色に変ずるのである。
勿論紅色時掻痒苦があり黒色になるに従ひ掻痒苦は消滅する。
之は疥癬(かいせん)も同様である。

 次に、或種の注射及びアンチピリン中毒、魚肉中毒等(いず)れも蕁麻疹(じんましん)的症状を呈するが、之等は一時的で軽きは一二日重く共数日にして治癒するのである。
但しアンチピリン中毒のみは予後黒色の斑点を(のこ)しそれが数年に及ぶものさへある。