『天国の福音』


歯槽膿漏及び顔面麻痺と同神経痛


 歯槽膿漏は医学上、原因不明とされてゐるが、概説の如く萎縮腎に()る余剰尿が、背部より肩部、淋巴腺に及び、それが浄化によって歯齦(しぎん)から滲出されるのである。
其際血液も混入せるが、尿毒が血液に混るからである。
又歯がグラグラ動く事があるが、これは歯齦に毒素集溜の為である。本医術によれば簡単に全治するが、歯科医は治療の方法なく多くは抜歯するが惜しいものである。
医学上歯槽膿漏は歯に原因があるやうに思ふが、右の理を知る時、その逆である事が判るのである。
又歯槽膿漏を治すには、毎朝歯を磨く時歯よりも歯齦を磨くやうにする。
最初血膿が出るが暫くすると血膿が出なくなり、肉が締って歯は強靭になるのである。

 顔面麻痺は、口脣の左右(いず)れかが引吊り、又眼も引吊り、痙攣の伴ふ場合もあり、甚しきは片方の眼球が飛出し、容貌怪奇にして正視に堪へぬものさへある。
然し放任すれば大抵一二ケ月長きは二三年にして治癒するが、医療にかかる場合、電気等にて固めるから慢性となり、又は不治となるのである。
此原因は顔面の一部又は数ケ所に毒素溜結し、筋肉の運動を妨げる為である。

 顔面神経痛は大抵左右(いず)れかが痛むのであるが之は毒結が、第二浄化によって溶解する痛みである。