『天国の福音』


心臓及び高血圧


 心臓病は医学上大体狹心症、弁膜症、肥大症等に分けられてゐる。
即ち狹心症は発作的に胸部激痛、圧縮感、呼吸切迫等で、苦痛は頗る激烈(まこと)に恐るべき症状である。
重症は一回の狹心症によって一命を落すものさへあるが、大抵は一旦恢復するものである。
此原因は心臓の周囲に溜結せる毒素が、第一浄化作用により、心臓に向って求心的に圧縮する、その為である。
医療は注射によって一時的小康を得させるが、本医術によれば容易に根治するのである。
弁膜症は狹心症と同一原因でただ全体的でなく局部的圧迫であるから、心悸亢進(しんきこうしん)、脈搏不正、軽度の呼吸逼迫等が(おも)なる症状である。
心臓肥大症は稀にはあるが、大多数は医家の誤診である。それは心臓附近に溜結せる毒素の塊りを見誤るのである。但し大酒家、スポーツマン、登山家等には会々(たまたま)あるが普通人には殆んどないといってもいい位である。
次に心臓神経衰弱といふのがある。
之は何等か些かの動機によって、急に心悸亢進(しんきこうしん)、呼吸切迫、死の直前の如き苦悩を起すが之は暫時にしてケロリと治り平常の如くなるもので、此原因は霊的で、何等恐るべきものではない。

 高血圧は壮年以後に多い症状で、医家は脳溢血の前兆の如くいふが、之は些か誤りである。
実際は低血圧者より比較的脳溢血に罹り易い位で左程恐るるには足りないのである。
此原因は左右頸部やや前方扁桃腺直下の位置に毒素溜結し、それが動脈を圧迫するので、此動脈は腕に連結してゐる関係上、血圧計に高く表はれるのである。

 右の證左として好適例がある。
先年六十歳位の男子、血圧三百といふ人が私の所へ来た。その人(いわ)く『私の血圧は三百であるが、それ以上あるかも知れない。何となれば血圧計の最高が三百であり、いつもすぐ最高に達するからである。』との事であった。そうしてその人は高血圧発見以来今日迄五六年の間、毎日会社へ出勤してゐるが、何等異常はないといふのである。
(ちな)
みに此人(このひと)は筆耕書きを三十年も業としてをり、その為前記の位置の動脈が凝り非常に太くなってゐた。