『天国の福音』


真健康と擬健康


 私は現在世界人類少くとも文化民族の殆んどは病者であると言ひ得るのである。
ただ既発と未発との相違だけで、即ち現在の病者は既発者であり、現在の健康者は未発者であるまでである。

 既発者に就ては説明の要はないから、未発者に就てのみ茲に説明するが、(さき)に説いた如く未発者とは保有毒素があり乍ら、固結に対し浄化未発生の為である。
そうして真の健康とは全く無毒素で浄化発生のない身体の持主であるに引かへ保有毒素があり乍ら、兎も角も健康を維持し得て、立派に日常業務に携はり、労働にも堪へ得るといふ訳で、誰が眼にも健康に見え、又医診に於ても現在の医学では保有毒素の発見は困難であるから健康者と断定するのである。斯ういふ人を私は擬健康といふ。従而(したがって)現在爆弾を抱き乱舞してゐる人の如何に多きかを想ふ時、慄然たらざるを得ないのである。
昔から人は病の器といふ言葉があるが、これは全く擬健康を指したのである。

 又医家のよく()ふ言葉であるが、病と寿命とは(ちが)ふとしてゐるが、此言葉などは実に馬鹿馬鹿しいのである。
何となれば病気と寿命程切っても切れない密接な関係はないからである。之等も治病無力に対する一種の遁辞(とんじ)(トンジ)でしかない。又近来予防医学などといひ、治療医学と別箇のもののやうに云々するが、之等も理屈に合はない話である。
之等も、治病無力を(おお)ふべく左様いはざるを得ないのであらう。