『天国の福音』


乳幼児及び小児病


 乳幼児及び小児に関する病気といへば、先づ消化不良、便秘、疫痢(えきり)麻疹(はしか)、百日咳、肺炎、喘息、脱腸、ヂフテリヤ、腸炎、小児麻痺等であらう。
乳児に於ける消化不良は最も多く嘔吐、青便、泡便等の症状であるが、嘔吐にも単なる飲み過ぎの為と病的の両方ある。健康児と(いえど)も、呑み過ぎに()る吐乳は差支へないが、病的は呑乳量が少い割合に吐乳するのである。
此原因は母乳中に毒素のある為で此毒素の殆んどは薬毒である。従而(したがって)薬剤多用の経験ある母乳は特に甚だしく、又その乳が不良であるばかりか量も少いのである。
実際上薬剤多用の都会の母親に乳不足が多く田舎のそれは稀であるにみても明かであらう。
青便は不良乳の為であり、泡便は一層不良に()るのである。従而(したがって)、青便も泡便も毒素の排泄であるから喜ぶべきであるに拘はらず、此理を知らぬ医学は不可とするのである。
又生後数ケ月内に吐血する幼児がある。医家は驚いて胃潰瘍などといふが、実は生出直前古血を飲んだ為であるから何等差支へないのである。

 茲で乳不足に就て一言するが、之には二つの原因がある。
一は胃の毒結圧迫に()る縮小の為、摂取量は一人前だけで乳児の分にまで及ばないといふ事と、今一つは乳腺を毒結が圧迫する為で、全乳腺の乳量が完全に通流しないからである。此場合毒結は数ケ所に及ぶもので触指すれば諸所にグリグリがあり、圧すればかなりの痛みがあり判然と分るのである。勿論薬毒の塊りで微熱も伴ふ。
此点に於ても薬毒の如何に恐るべきかを知るのである。
本医術によれば容易に治癒するのである。

 医学は消化不良児に対し、乳児脚気などと称し、母親の脚気が乳によって伝染するとなし呑乳を禁止するが、之等も全然誤りであって実は右に説いた如き薬毒乳の結果で、脚気ではない。

 次に便秘(べんぴ)であるが、便秘などは、乳幼児にはあるべき筈はないのである。
寧ろ大人と違ひ、液体便とその回数も一日二三回が自然である。にも係はらず便秘するといふ事は何等か反自然的の原因があるからである。その反自然とは、例へば青便等の場合、医家は消化不良の為として故意に乳量を減ずる事がある。如何なる場合と(いえど)も乳児の欲するままに乳を与へるのが自然であるに係はらず、乳量を減ずる如きは、反自然である。其結果としての便秘であるが、原因に思ひ及ばずして結果のみを恐れ潅腸(かんちょう)を行ふのであり、潅腸(かんちょう)の逆作用に()る便秘に対し又潅腸(かんちょう)をするといふ具合に(つい)に既説の如き腹部膨満となり、生命の危険にさへ(さら)さるるのである。
之によってみても、育児は飽迄自然でなければならないのである。

 疫痢は乳児から五六歳迄が最も多く、(たま)には十歳以上も罹患する事がある。
医学は伝染性となし恐れるが、之は伝染ではなく急激な浄化作用である。
又医学は食物に関係あるやうに思ひ、果実、菓子等は与へないやうにするが、之等も誤りである。誕生過ぎか又は生歯(せいし)後の幼児は大抵な食物は差支へない。そうして医学上疫痢は治癒困難とされてゐるが、その訳は医療に()る時、疫痢の殆んどは死亡するからである。
然るに本医術に()る時医学とは逆で、治癒は高率で死亡は殆んどないといっても過言ではないのである。
而も二三回の施術によってである。

 麻疹は人も知る如く免れ難い病気で、その病症も重軽の差が著しく、普通は一回で済むが二回三回に及ぶものも(すくな)くないのである。
医学上原因不明とされてゐるが、之は遺伝毒血の浄化作用である。麻疹は稀には成年期に及んで発病する事もあるが、普通は五六歳位が最も多い。発病前大抵三四日位三十八度前後の発熱が持続する。其際皮膚をよく点検すれば何れかに少量の発疹を見るのである。
此病気は昔から風にあたる事を不可とし外出を禁ずるが、其理由は皮膚が空気に触れる時は発疹が不充分となるからである。元来麻疹は発疹する程よいので、発疹不良の結果は、毒素が内部に還元するから、其為肺炎等を起すのである。麻疹に()る肺炎は肺胞全部に発疹し、それが為呼吸困難を起し、小児の如きは呼吸の頻繁なる、見るに忍びざるものがあり、周囲の者は驚くのであるが、之は左程心配はない。二三日にして次第に常態に復すのである。本医術によれば容易に全治し、発病時は一回の施術によって全身的発疹を見、肺炎も速かに治癒するのである。其他の余病としては中耳炎及び血膜炎等であるが、之等は放任によっても全治するのである。

 百日咳も多い病気で、強烈な持続性咳嗽あり、白い泡の如きものを盛んに嘔吐するのが特徴である。
此毒素が咳嗽によって全部体外へ排泄される。それが百日位を要するから百日咳といふのである。
又百日咳の咳嗽は、息を引く時一種特有の音を発するのでよく判る。医療は毒素の排泄を止めて固めるのを本意とするが、幸ひ固めるに成功したとするも何時かそれの浄化が起る。それが小児肺炎又は小児喘息である。
本医術によれば、普通一週間、初発時二週間位にて全治するのである。

 小児肺炎は、成人と同様呼吸逼迫、喘音(ぜんおん)、高熱等であって、勿論強烈な浄化作用である。
医療は強力なる浄化停止を行ふ結果往々死を招くが、本医術によれば一週間以内で全治するのである。

 脱腸は小児に多い病気で、中年には殆んどなく老年期に及んで反って相当あるのである。
此病気は重軽の差著しく、軽症は成育するに従ひ自然治癒するが、重症は容易に治癒し難く、医家は手術によって腸の短縮を図るのである。
本医術によれば軽症は簡単に治癒し、重症に日数を要するが全治するのである。

 ヂフテリヤは咽喉が腫脹し、呼吸困難となり窒息死に到るのである。
勿論急激なる浄化作用で、本医術によれば普通は数十分位にて治癒する。
此疾患は霊的もあって、これの治癒は相当困難であるが後に解説する。

 小児麻痺は真症と擬似とあり、真症は霊的であるから後に説くから、茲では擬似に就て解説するが、擬似の症状は、例へば足部の支障によって歩行困難や、手指の支障で、之等は何れも先天性毒素が一部に集溜してゐる為で本医術によれば容易に全治するのである。
之について一例を挙げてみよう。

 十歳位の小児、片方の足の裏、拇指(おやゆび)辺が着けないで、外側と(かかと)だけで辛うじて歩くのである。
医診は小児麻痺となし、外側の筋が長過ぎ、内側(かかと)の骨が足らないと診て、手術によって外側の筋を切り詰め、内側の(かかと)に脛の骨を切除って着け足したが、数年を経ても少しも効果なく私の所へ来た。
診査すると実際の原因は拇指(おやゆび)辺の裏側に毒結があり、拇指(おやゆび)を着くと痛むので、内側を浮かして歩くのであったが、医診はその発見が出来ず見当違ひの手術をしたのであった。故に私は拇指(おやゆび)裏の毒結を解消した処、足の裏は完全に着く事が出来、普通状態となったが、今度は(かかと)に足した骨が邪魔になって歩行が完全とはいへないので、私が手術を奨め、右の()(ほね)を除去した処、完全に歩行出来るやうになった。

要するに(あやま)れる医学は余計な事をしたのである。