『天国の福音』


幸福への道


 文化の進歩が駸々乎(しんしんこ)として止まる所を知らざる現世界に於て、真の幸福を得てゐる者は何人あるであらうか。
吾は幸福者なりと言ひ得る者は恐らく真に寥々(りょうりょう)たるものがあらう。本来文化の進歩とは人類の幸福をより増進する事が最後の目的であるに係はらず、其結果の矛盾せる事の余りに甚だしいばかりか、事実は反対の結果をさへ思はしむるものがある。
そうして此事に疑を起し仔細(しさい)に検討するに於てその最大原因が人間の病患にある事を知るのである。

 茲に不幸の最大なるものとしては、病患は別として戦争と飢餓とであらう。
(しか)もその根本が実は人間に於ける身心の欠陥がその原因である事を発見するのである。

 健全なる身体には健全なる精神が宿るといふこの言ひふるされたる格言は、実に千古不滅の金言である。

 私が扱った幾多の患者の経験によって得たる断案によれば、精神異常者、精神変質者、神経衰弱者等の頭脳に欠陥ある患者は一の例外なく左右(いず)れか一方の頸部淋巴腺及び延髄部に腫脹固結がある事で、それ等患者の心理は常軌を逸し、正当なる判断を下し得ない事である。
又常に怒り易き者即ち争ひを好む者は必ず両肩部に固結がある。即ち肩の凝りである。癇持の小児、泣癖のある嬰児等も同様甚だしい肩の凝りがある。然るに本医術によって右の固結を溶解滅消するに従ひ、其性格は一変する。成人者は言語行動常識的となり平和円満を好むやうになり、小児は両親の言葉によく従ひ明朗児となるのである。

 そうして個人の集団が国家なりとすれば、その単位である個人一人々々が争ひを好まないやうになれば、其国は平和愛好国とならざるを得ない道理である。

 次に物資欠乏、飢餓等も戦争の影響に()る事が多いが、又他の原因に()る事もある。
それは国民智能の低下、怠惰、及び為政者の頭脳の貧困等である。然し乍ら之等もその原因は身心の不健康、即ち毒素多有者なるが為である事は言ふまでもない。

 元来身心健康者は精神も行動も常識的で合理性に富む結果、人間として為すべき事、為すべからざる事をよく判別し、善を愛し悪を嫌ひ、人を愛し他人の喜びを喜びとする。
孔子の所謂(いわゆる)「己所不欲、勿施於人」(己ノ欲セ不ル所ハ、人ニ施スコト勿レ)といふ事や又最大なる幸福は他人を幸福にする幸福であるといふ事等も、身心健康者にして初めて行ひ得らるるのである。此意味に於て、資本家地主等が労働者を搾取し、己れの利得のみを(ほしいまま)にせんとする結果、労働者農民としても止むを得ず、自己防衛上団体行動を以てこれに当る事になるのである。此意味に於て資本家地主が共産主義を作るといっても敢て差支へはあるまい。即ち自己が作った幽霊に自己が(おのの)いてゐるのである。
何と愚かな話ではないか。

 仮に身心健康者が多数としての社会を考へてみよう。
それは資本家と(いえど)もその取得すべき利潤に適正のあるべきを自覚し、或程度以上は労務者に分配する。そうすれば労働者としても必ず満足し感謝し、資本家を擁護するに到り、その事業をより発展させようと企図するのは当然である。茲に真の意味に於ける労資協調となり、争闘は跡を絶つであらう事は決して夢ではないのである。

 従而(したがって)、斯かる社会に於ては法規の必要性は著しく減少する。
支那(シナ)堯舜(ぎょうしゅん)時代の法三章や、日本に於ける聖徳太子の憲法十七条によってよく治ったといふが、それはあり得べきであると私は思ふ。