『天国の福音』


結核の経路


 結核初期に到るまでの経路は(さき)に述べた通りであるが、次の段階からが問題である。
即ち医師は先ず絶対安静、薬剤使用、栄養食、空気療法等を(すす)めるが、空気療法以外は何れも浄化停止療法である。
先ず安静法は最も効果ある衰弱法で、其結果浄化力微弱になるから下熱を始め、他の症状は緩和する。又薬物栄養療法も同様浄化停止法である以上、軽快に向うよう誤認するのである。故に偶々(たまたま)患者が運動を為す場合浄化力発生し発熱する。医師は驚いて運動を(いまし)めるという事実は、結核者の常に経験する所であろう。

 茲で注意すべきは、解熱剤使用は最初は或程度効果を奏するも、之を持続する時は漸次反動作用を起し、執拗(しつよう)な高熱が持続し、如何なる解熱法も奏効せぬようになるものである。
(すべ)て薬物持続は中毒的反動作用を起し、逆効果となるのである。()の下剤持続者が慢性便秘症(べんぴしょう)となる事や、モヒ(モルヒネ)コカイン等の中毒者がいつしか放す事が出来なくなるにみても(うなづ)かるるであろう。

 以上の如き高熱症状が長時日持続する場合漸次衰弱を増し(たお)れるのである。
又末期の場合多くは喉頭結核及び腸結核に侵されるものであるが、実は私の研究によれば喉頭結核とは腐敗せる古き痰の猛烈なる毒素が咽喉を通過する為と喉頭付近の毒結に浄化発生の為とであり、腸結核は(さき)に説いた如くである。