『天国の福音』


結核は絶対に伝染しない


 今日結核は伝染するものとして非常に恐れられ、其為の国家及び個人の手数や負担の莫大(ばくだい)なる事は(まこと)に驚くべきものがある。
一般世人の伝染を恐れる事甚だしく、親子夫婦と(いえど)も接近し語り合う事さえ医師から厳禁せられている。従而(したがって)、家庭内に結核罹病者一度発生するや、家族等は戦々兢々(せんせんきょうきょう)として何時伝染するやも知れずとなし、危惧の日を送っている実情である。成程実際感染するとしたら右の如きも止むを得ないとするも、私の発見によれば結核は決して感染する憂えはないのである。元来結核菌なるものは伝染ではなく自然発生のものである。それは如何なる訳かというと(さき)に病原として説いた毒素の固結が体内に残存し、時日を経るに従い腐敗する。腐敗せるものに微生物が自然発生するのは万物共通の事実である。()よ、木材が腐敗すれば白蟻が湧く、如何程精白した白米と(いえど)も古くなれば蛆が発生する。腐敗によって無機質から有機物が発生するのである。白米を如何に厳重に密封しても必ず姐が湧くによってみても、蛆の卵が他から侵入したのでない事は明かである。
故に結核は非伝染である事を、何れ医学に(おい)ても発見する時が来ると私は信ずるのである。

 右の理を実証する為私の経験をかいてみよう。
私の家族は私等夫妻の外に子女が六人(其当時二、三歳乃至十五、六歳まで)常に同宿していた。
そうして十数年に(わた)る間、研究の為、重症結核患者と大病院に(おい)て診断された者常に一人か二人同宿さして治療したのである。少くとも二十数人に及んだであろう。勿論一切家族と同様に取扱い、食事も共にし食器等も一切消毒はしなかった。私は実験の為患者と子供を同室に寝させるようにした。その中の数人の患者は私の家で死亡した事によってみても、何れも重症で、医師からは不治の熔印を押された者ばかりであった。然るに十数年を経た今日に到るも六人の子女は一人の感染者もないばかりか何れも健康そのもののような者ばかりである。(この)実験によってみても、結核は非伝染である事は、私の断言して(はばか)らない所である。

 故に私は何時でも結核感染の実験をして貰いたいのである。
私自身でも私の家族でも、又は私の弟子又はその家族数万人と(いえど)(よろこ)んで実験台に応ずる事は言うまでもない。

 之に(つい)て私が以前出版した著書に結核の非伝染を載せた所、それが当局の忌譚(きき)に触れ発禁になった事があって非常に残念に思った。
何となれば、右の如く実験に応ずる事を書いたにも拘わらず。それを実行もせずして独断決定したからである。多分既成理論を絶対の真理と信じた為であろうが、其頃の日本の当局者が、頑迷で如何に文化の進歩を阻害するに忠実であったかが知らるるのである。

 私の唱える細菌の自然発生説に対し現代科学者は(わら)うであろう。何となれば()のフランス細菌学の泰斗(たいと)パスツールによる細菌発見説が出て、それ迄の一般科学者に支持せられていた自然発生説が覆えさせられたからである。それに(つい)て簡単に述べてみよう。

 それはパスツールの実験であるが、彼は先ず羊肉の搾り汁を二つの硝子(ガラス)瓶に入れた。
一つはロの(まが)れるもの、一つは口の真直なるものであった。然るに口の曲れる方は微生物が発生しないのに、真直な方は微生物が発生したという事実である。それ以来自然発生説は覆えされ、空気に()る伝染説が信ぜられ今日に至っているのであるが、(この)原理に(つい)ては、後に霊と物質の関係に(つい)て詳説するから茲では簡単に説明する。

 抑々森羅万象(しんらばんしょう)の構成は火素、水素、土素であり霊気は火素を主とし、空気は水素を主とし、土壌は土素を主とする。
又、霊気(火素)は(たて)に上下動し、空気(水素)は(よこ)に流動する。
そうして微生物の発生は熱即ち火素に()るのであるから、ロの曲れる瓶は、(たて)に昇降する火素をガラスが遮断する為である。(この)理論を最も簡単に知る方法として、人間が横臥(おうが)する時は寒く起座する時は温暖であるという事実にみても判るであろう。

 又十九世紀の医聖(いせい)()われたウィルヘョウ博士が細胞病理学を唱えるに及んで近代医学は新時代を(かく)したといわれる。
それによれば「人体は皮膚、粘膜、筋肉、骨格、毛髪等(すべ)て無数の細胞から成立っていて、その細胞の一つ一つが生命と生活とを有し、各々の細胞の生命と生活とが集って一個の人体を構成している。
病気というのは(つま)りそれ等細胞が変性し、その生活が衰えた状態を指すというのが細胞病理学の大体である。

 例えば肺結核に(おい)ては、結核菌が肺の組織中に侵入し、繁殖し毒素を出す為に、その部分の細胞が変性或は破壊され、破壊された細胞は血液中に吸収されて全身の機能に障碍(しょうがい)を及ぼし、発熱、盗汗(ねあせ)其他の症状を起すのである。

 そうして結核患者の熱は、結核菌が肺臓内に侵蝕して病竈(びょうそう)部を作り、(この)病竈(びょうそう)部と菌自身から出す毒素の為に発熱中枢が刺戟されて発熱する」というのである。

 右の病理説の誤謬である事を指摘してみよう。
もし細胞の生活が衰えてそれが病原になるとすれば、新陳代謝の最も旺盛であるべき青年期に結核は発病しないで、老年期に至る程発病するという道理になる。然るに事実はその反対であるにみて多くを言う必要はあるまい。

 又肺結核に於ける発熱は、菌自身から出る毒素の為に発熱中枢が刺戟さるるというのであるが、一体発熱中枢とは如何なる機能で、如何なる局所にあるか、医学に(おい)ては頭脳内にある如く解釈しているが、荒唐無稽(こうとうむけい)も甚しいのである。
私の研究によれば発熱中枢などという機能は人体何れの部分にも全然ない事を言えば足りるであろう。

 以上の如き杜撰(ずさん)幼稚なる病理を金科玉条として来た医学である以上、今日の如く行詰(ゆきづま)るのも又止むを得ないであろう。

 次に、結核の特効薬程無数に出現するものはあるまい。
それは出現当初は奏効顕著として持囃(もてはや)されるが、何時(いつ)しか忘れられるというのは如何なる訳であろうか。
即ち効果ある如く見ゆるのは、浄化停止の薬力が偉効あるからである。
日本に(おい)ても最近BCG及びセファランチン等の新薬が推奨されているが、之等も遠からず放棄(ほうき)さるる事は火を()るよりも(あきら)かである。