『天国の福音』


花柳病


 花柳病は、医学上硬性下疳(げかん)即ち梅毒及び軟性下疳(げかん)と淋病の三種とされてゐる。
(もっと)も医学は近来今一種発見され第四種ありとしてゐるが、茲では三種だけの説明で足りると思ふ。

 硬性下疳(げかん)は医学上スピロヘータなる黴菌によって、不潔な行為から感染するとされてゐる。
そうして現在進歩したと称する駆黴(くばい)療法は六百六号の注射及び水銀注射、又は水銀軟膏塗擦(とさつ)沃度剤(ようどざい)服用等を(おも)なるものとしてゐる。然るに既説の如く六百六号の害毒は、黴毒そのものよりも数倍悪影響を与へるのみならず、効果の一時的である事は医学も認めてゐる通りである。
又水銀療法に()る薬毒及び沃度剤の薬毒も、長年月後種々の形となって表はれ、生命を失ふ程の重症の原因となる場合も(すくな)くないが、之等は進歩せりといふ医学が、今日迄全然発見され得ないといふ事は不思議である。

 医学上諸病の原因として遺伝黴毒を唱へるが、私は反対で黴毒は決して遺伝しない事である。
将来医学に於ても私の説を肯定する時が来るであらう事を信ずる。
又本医術によれば、黴毒は驚くほど容易に根治するのである。
特に知っておくべき事は黴毒に限り苦痛のない事で、もし痛み又は痒み等ある場合、その苦痛だけの原因は梅毒ではないと思ふべきである。此病気は最初疳瘡(かんそう)、次は横痃(よこね)、皮膚の斑点、毛髪脱落、声嗄(こえが)れ等の症状が順次表はれ、最後に到って鼻骨を犯し、言語不明瞭となる事がある。
軟性下疳は、疳瘡、横痃のみの症状で、それ以上の進行はない。苦痛は発熱、痛み等で放任しても自然治癒するが医家は手術を推奨する。
然し之は反って長びくが、本医術に於ては簡単に全治するのである。

 淋病は梅毒よりも悪性である。
何となれば根治する事は不可能であるからである。故に淋病治癒とは実際上の治癒ではなく、再発の危険がなくなったといふ意味である。
之は如何なる訳かといふと、淋菌即ちゴノコッケンは生物で、有機物であるが、人体の抵抗力が増すに従ひ、漸次衰弱して無機質即ち一種の苔の如きものとなる。
然るに此苔は飲酒、運動、発熱、其他の刺戟によって有機物に変化する事があるので、それが再発といふ訳で、之は概ね短期間に治癒するのである。又右の苔が長年月後増殖する人があるが、それが為尿道狭窄を起し、排尿に支障を及ぼす事がある。そうして医療は淋病に対し、漏膿時尿道内へ薬液を注入するが、それが為淋菌を深部へ押込む危険があるから注意すべきで、其結果として往々摂護腺炎(せつごせんえん)や睾丸炎等を起し、発熱、痛み等に苦しむのである。そうして淋病と(いえど)も自然療法が効果あるが、それは水分を出来るだけ多く摂取する事で、これによって尿の排泄が頻繁となり、自然尿道を洗滌する事になり、危険もなく、治癒も速かである。特に松葉を煎じ、それを飲むと一層効果がある。何となれば松脂の成分が淋菌の巣窟を閉遮し、繁殖を阻止せしむるからである。

本医術によれば淋病、摂護腺炎、睾丸炎は容易に治癒するのである。