『天国の福音』


肝臓及び黄疸と結石


 医学上肝臓が悪いといふのは、実は肝臓ではなく肝臓外部に溜結せる毒素の圧迫による為であると共に、之によって肝臓の痛み又は黄疸を起すのである。
医診に於て肝臓が腫れてゐるといふのは誤りで、右の溜結毒素を肝臓の腫れと見誤るのである。
そうして肝臓が圧迫される場合、その奥にある胆嚢も圧迫されるから、胆嚢内にある胆汁が溢出する、それが黄疸の原因である。
従而(したがって)
毒血を溶解排泄する事によって肝臓病も黄疸も全治するのである。

 胆石病は激烈なる痛みを伴ひ、患者は非常な痛苦を()めるのである。
胆石病は、胆嚢に結石の出来るもので、其他に腎臓及び膀胱結石がある。
(いず)
れも医学上治癒困難とされてゐるが、本医術によれば全治するのである。
近来医学に於て機械的に結石を除去する方法が発見されたといふが、それが効果ありとするも、それだけでは全治とはいへない。何となれば右は原因除去ではないからである。
先づ胆石の出来る原因であるが、之は腎臓の余剰尿が背部より胆嚢に侵入し、胆汁と化合し結石となるのであるから、腎臓が完全にならない限り根治する筈はない。
胆石病の激痛は結石が輸胆管を通過する際である。
又腎臓及び膀胱結石は、胆石が諸機能を通過し、腎臓中に入り、それに尿毒が附着し、漸次拡大する。
又結石が輸尿管を通じて膀胱に入り膀胱結石ともなる。
然るに結石が膀胱より尿道に通過せんとする際尿道の入口に(つか)える事がある。
この為の排尿閉鎖も偶々(たまたま)あるのである。

本施術によれば結石は崩壊し砂の如くなり尿と共に排泄全治するのである。