『天国の福音』


各国に於ける人口動態


 今試みにフランスに於ける人口動態を示せば、此国と(いえど)も十九世紀の初頭には出生率は相当高いのであった。
即ち西暦一八〇一~一〇年には三二・四、一八一一~二〇年には三一・八、一八二一~三〇年には三一・〇であった。然るに一八三一~四〇年に三〇・〇台を割って二九・〇に低下した。
爾来(じらい)低減の一路を辿(たど)りつつ一八七〇年普仏(フフツ)戦争当時二五・〇に迄激減したのである。更に第一次世界大戦前に於ける出生率は約一九であったが、一九一四~一九年には実に一二・四に激減した。尤も戦後の出生率は稍々(やや)恢復して一九二〇年には二一・四、一九二一~二五年には一九・四を示したが、其後再び低下を続けて一九三八年には一四・六といふ悲惨な状態に陥ったのである。
之に対し社会学者ラヴージの社会淘汰論には、種々の原因はあるが、その最大原因は生理的不妊症であると述べてゐる。
右の如きフランス人口の減退が一八三四年頃から始ったといふ点に注目を要するのである。

 そうして同国の統計に於て十九世紀初頭即ち一八〇一年の出生数九十万人、一九二六年七十五万人、一九三一年七十三万人にして、その差は左程でもないやうであるが、実は此期間に於ける人口の増加と比例してみなければならない。即ち一八〇一年は二千七百万の人口に対し九十万の出生であり、一九二六年は四千万の人口に対し七十五万の出生であり、一九三一年は四千百八十万の人口に対する七十三万の出生であるから、以て如何に出生率の減退の甚しきかを察知し得るのである。
試みに出生率の動きを示してみる事にする。

期 間 人口一万人に対する出生数平均
一八〇一~一〇年 三二九
一八一一~二〇年 三一八
一八二一~三〇年 三〇六
一八三一~四〇年 二八八
一八四一~五〇年 二七三
一八五一~六〇年 二六一
一八六一~七〇年 二六二
一八七一~八〇年 二五四
一八八一~九〇年 二三九
一八九一~一九〇〇年 二二一
一九〇一~一〇年 二〇六
一九一一~二〇年 一五三
一九二一~二五年 一九三
一九二六年 一八八
一九三一年 一七四


 次に世界文明国の出生率減退は決してフランスのみではないのであって、今日に於ては一の普遍的法則ともみる事が出来る。ただフランスに於て出生率減退が問題となったのはその減少が最も早く既に十九世紀の初頭に表はれたるに()るからである。フランスの出生率減退を対岸の火災視したる各国は、今やフランスと同様の事態に直面する事となった。左に欧洲各国の状態を示してみよう。
英国に於ける出生率は次の如くである。

期 間 人口一万に対する出生
一八四一~五〇年 三二六
一八五一~六〇年 三四二
一八六一~七〇年 三五二
一八七一~八〇年 三五五
一八八一~九〇年 三二五
一八九一~一九〇〇年 二九九
一九〇一~一〇年 二七二
一九一一~一五年 二四一
一九一六~二〇年 二〇一
一九二一~二五年 一九九
一九二六年 一七九
一九三〇年 一六八
Shirras 教授前掲論文による。

 一八七一~八〇年に至るまでは出生率は増加の一路を辿(たど)ったのだが、爾来(じらい)その方向を転じ加速度的に減少してゐる。即ち三五五より戦前には二四一となり、一九二六年は一七八、一九三〇年に一六八となった。一八七一~八〇年より一九二六年に至る半世紀間は低落を続け、殆んど半分以下に減退した。そうして之をフランスの減退と比較すればその速度は約二倍半程急速である。蓋しフランスは一二五ヶ年(一八〇一~一九二六年)間に四〇%余低落したに過ぎぬからである。
此事実は英国をして痛く驚愕せしめタイムス紙の如きは「此世紀に入って以来、英国の人口統計の著しき特徴たりし出生率減退は依然として継続し、寧ろその減退率は益々速かならんとしてゐる」と述べてゐる。英国最近の統計は左の如き悲観すべきものである。

年 次 人口一万に対する出生
一九二一年 二二四
一九二二年 二〇四
一九二三年 一九七
一九二四年 一八八
一九二五年 一八三
一九二六年 一七八
 右の如く一九二六年にはフランスの出生率(一八八)にも劣ってゐる。


次にドイツを見よう。
期 間 人口一万に対する出生
一八四一~五〇年 三六一
一八五一~六〇年 三五三
一八六一~七〇年 三七二
一八七一~八〇年 三九一
一八八一~九〇年 三六八
一八九一~一九〇〇年 三六八
一九〇一~一〇年 三三〇
一九一一~一五年 二八五
一九一六~二〇年 一七九
一九二一~二五年 二一九

 一八七一~八〇年に至るまでは出生率は漸次高くなってきたが、爾来(じらい)可成急激な減少を始めた。
即ち三九一より二十世紀の初頭には三三〇と低落した。然し独逸に於ては一般に出生率の甚だ旺盛なる事に慣れてゐたので此突如たる減退を信ぜずディーチェル氏は之を怪疑を以てみ、ワグナー氏は一九〇七年に於ては一時的出生率の干潮に()るとなし、フィルルクス氏は統計的計算の誤謬に()るとした位であった。
此様に独逸(ドイツ)の学者達は出生率減退を信じなかったのである。然し乍ら事実は依然として其低落を継続し、一九一三年には二七六に下った。即ち之は独逸が四十ヶ年間にその出生率の三分の一を失った事を意味するのである。

 次に戦後に於ける状態は次の如くである。
年 次 人口一万に対する出生
一九二一年 二五三
一九二二年 二二九
一九二三年 二〇八
一九二四年 二〇二
一九二五年 二〇四
 一八七一~一九二五年に至る期間に出生率は三九一より二〇四に減退した。即ち半世紀にその出生率の半分(四八%)を失った。而も其減退は規則的に継続してゐる。
 その下降の速度はフランスの二倍半となってゐる。


 次に伊太利(イタリア)をみよう。
年 次 人口一万に対する出生
一八六一~一八七〇年 三七一
一八七一~一八八〇年 三七〇
一八八一~一八九〇年 三七六
一八九一~一九〇〇年 三四九
一九○一~一九一〇年 三二七
一九一一~一九一五年 三二八
一九一六~一九二〇年 二二九
一九二一~一九二五年 二九一

 伊太利(イタリア)も出生率減退の現象を認め得るが、英国や独逸程甚しくない。然し最近に於ける出生率減退は相当顕著なるものがある。

年 次 人口一万に対する出生
一九二一年 三〇三
一九二二年 三〇二
一九二三年 二九三
一九二四年 二八二
一九二五年 二七五

 而も其減退は依然としてゐて一九二九年は二五一となってゐる。
是に於てか伊太利政府は国民に一大警告を発し、出生率が此儘減退を持続するに於ては廿世紀末には一大危機に遭遇すと為し、大いに人口の増殖を奨励してゐる。兎も角も伊太利に於ては一九二五年迄の約四十年間にその出生率の四分の一を失った事になる。

 更にラヴィノウィッチ氏は白耳義(ベルギー)及び瑞典(スェーデン)諾威(ノルウェー)について統計を掲げ出生率の減退を示してゐる。即ち白耳義の出生率は約八十ヶ年間に四十%を失ひ、瑞典諾威については前者は略々(ほぼ)フランスと同じ道程を歩み一世紀間に出生率は半減し、後者は其出生率減退は瑞典より(おく)れて始まったが七十年間に四○%を失った。尚瑞西(スイス)は半世紀間に(一八七五-一九二六年)出生率の四○%を失った。


 次に、目を転じて他の大陸を()よう。先づ濠洲及びニュージーランドはどうであらうか。
年 次 濠 洲 ニュージーランド
一九一三年 二八二 二六一
一九一四年 二七九 二六〇
一九一五年 二七一 二五二
一九一六年 二六六 二五九
一九二一年 二五〇 二三三
一九二二年 二四七 二三二
一九二三年 二三八 二一九
一九二四年 二三二 二一六
一九二五年 二二九 二一二
一九二六年 二二〇 二一一
一九二七年 二一七 二〇三
一九二八年 二一三 一九六
一九二九年 二〇三 一九〇

 いづれも僅か十六年間に出生率の三〇%あまりを失ってゐる。欧洲とは全く社会事情を異にせる南半球の白人国も又出生率減退の例外ではない。

 ラヴィノウィッチ氏は右の如き諸国の統計によって、世界の(あら)ゆる国家及び(あら)ゆる民族に於て出生率の減退をみると結論してゐる。


 次に、米国はどうであらうか。此国は全国的に出生の登録が行はれてゐないから全国に就て出生率の減退を直接示すべき資料はないが、各調査年度に於ける総人口より純入国移民数を差引き、之と前の調査年度に於ける人口と比較し人口の増加率を計算するならば大体に於て出生率の動きを知る事が出来る。之によれば一八八○年来出生率は減退してゐる。又最近の登録地域に於ける出生率によるも年々出生低下を示せる事次表の如くである。

年 次 人口千人に対する出生
一九二〇~二一年 二四・〇
一九二二~二三年 二二・五
一九二四~二五年 二二・〇
一九二六年 二〇・六
一九二七年 二〇・六
一九二八年 一九・八
一九二九年 一八・九
一九三〇年 一八・九
Shirras, The Population Problem.In India Economic
Journal. Mar. 1933 P. 63に拠る


 次に、南米方面は今の所アルゼンチンだけしか判ってゐないから同国に就ていへば一九一〇~一四年の一年平均出生率は千人に付三八・九で自然増加率は二〇・八といふ素晴しい割合を示してゐたが、一九三四~三八年の出生率は二五・〇自然増加率は一二・五と減少したのである。


 然らば我日本はどうであらうか。
年 次 人口千人に対する出生
一九一一~一五年 三三・五
一九一六~二〇年 三三・〇
一九二一~二五年 三四・六
一九二六年 三四・六
一九二七年 三三・六
一九二八年 三四・四
一九二九年 三三・〇
一九三〇年 三二・四
一九三一年 三二・一

 一九一六-二〇年は世界大戦の影響により、一九一九年(大正八年)には三一・六と最低となり、其翌年は反動によるか三六・二となり、我国最高の記録を作ってゐる。
此期間に於ける出生率の変動は世界各国にみる所である。
従而(したがって)此期間を除いて大観するならば、我国の大正末年迄は大体に於て増加を示し昭和に入って落潮(らくちょう)に転じてゐる。
既に述べたる如く世界に於ける文明国と称せらるるものはすべて早きは百年、遅きは四五十年来出生率減退の趨勢であるに対し、我国が独り出生率の増加を示せる事は学者間に於ても大いに注意すべき所としてゐる。


 之によって之を見れば、最早今日に於ては出生率減退は文明国に於ける一の通則とも称すべく、如何に世界に於ける文明国が出生率の減退を来したるかは次表に示す如くである。

国 家 年 数 出生率減退の割合
仏 蘭 西(フランス) 百二十年間 四五%
英 国 五十年間 五〇%
独 逸(ドイツ) 五十年間 五〇%
伊 太 利(イタリア) 四十年間 二五%
白 耳 義(ベルギー) 九十年間 四〇%
瑞 典(スェーデン) 百 年間 五〇%
諾 威(ノルウェー) 七十年間 四〇%
瑞 西(スイス) 五十年間 四〇%

 要するに出生率減退はフランスがそのトップを切ったまでであって、他の何れの国も遅速の差はあるが何れもその(あと)()ひ、今日ではこれに追ひついたものや、又或ものは之を追越してゐる状態である。

 次にフランスの出生率が例外的に低かった時代は既に過去の事である。今日では全く時代が変って現在の欧洲各国は次の如き状態である。(一九二九年)

仏蘭西 一七七 諾 威 一七三
瑞 西 一七一  墺太利(オーストリア) 一六七
英 国 一六七  瑞 典 一五二


 次に出生率減退と死亡率減退とが相伴って行く事は各国共大体同様であるが、死亡率減退よりも出生率減退の方が例外なく多いので増加率が低減するのである。この一例としてフランスの統計を示してみよう。

年 次 人口一万人に対する死亡数 出生超過
一八〇一~一〇年 二八六 七三
一八一一~二〇年 二六〇 五三
一八二一~三〇年 二四八 五八
一八三一~四〇年 二四七 四二
一八四一~五〇年 二三二 四一
一八五一~六〇年 二三七 二四
一八六一~七〇年 二三五 二七
一八七一~八〇年 二三七 一七
一八八一~九〇年 二二一 一八
一八九一~一九〇〇年 二一五 一六
一九〇一~一〇年 一九四 一二
一九一三年 一七六 一五


 死亡率は一九一三年迄は相当強く即ち三九%も低落したが、出生率は更に多く下降せる為出生の超過はその影響を(こうむ)った。
十九世紀末より二十世紀の初頭にかけてその超過は甚だ微弱にして死亡超過の年すら表はれ、終にフランスの識者が自国の滅亡を叫んだのも無理はない。それがついに一九三八年に至っては同国は約十三万人のマイナスとなったのである。


 最後に再び我国に於ける統計を示してみよう。
 一九一九年の人口千につき三六・一九を最高として爾来(じらい)低下の傾向を示し、死亡率も亦同様の傾向を示してゐる。
年 次 出生率 死亡率

一九一九~二三年 三四・八二 二四・四七
一九二四~二八年 三三・六二 一九・四二
一九二九~三三年 三一・六七 一七・八七
一九三四~三六年 二五・七四 一七・三〇


 以上によってみても、人口増加率低下といふ事実は、最早各国とも一の例外のない一大鉄則となってしまった事を知るであらう。
そうしてこれが対策として今日迄各国に於て行はれつつある処のものは、結婚年令の引下げ避妊及び堕胎の防止等である。

 然し乍らそれ等は末梢的方法で幾分の効果はあるであらうが、到底大勢を阻止する事は不可能であらう。
一切は原因があって結果があるのであるから、此問題と(いえど)も其原因を除去する以外、根本的方策のない事はいふまでもない。