『天国の福音』


婦人病


 婦人病にも種々あるが、最も多いのは子宮に関する病気である。
即ち子宮内膜炎、実質炎、周囲炎、前後屈、発育不全、筋腫、癌等であり、内膜炎は子宮内壁に白帯下(こしけ)による毒素が汚穢(おわい)として附着する。その為の加答児(カタル)による浄化微熱の発生である。之は放任しおくも健康に何等差支へないのである。然るに医療は掻爬を行ふが、之は何等意味ないものでそれは間もなく元通りになるからである。
故に根治せんとするには白帯下(こしけ)の原因を除去する以外ないのであるが、それは原因である処の化膿性腹膜炎を全治させなければならないが、医療はそれが不可能である為、末梢的手段として掻爬を行ふのである。
実質炎は内膜炎のやや昂進せるものであり、周囲炎は子宮外部に集溜せる毒素の浄化である。
前後屈の原因は、前屈は子宮の裏面に於ける溜結毒素の圧迫であり、後屈は右と反対に子宮表面よりの圧迫で、(いず)れも子宮(こう)が偏倚し、その為姙娠不能となるのである。医療は手術を可とし、手術によって毒結を除去して子宮の位置を正しくしようとするが、それは勿論一時的で再び毒素集溜し還元するのである。
発育不全は子宮周囲に毒素溜結し、不断に圧迫する為であり、勿論その原因は萎縮腎である。従而(したがって)斯様な患者の下腹部を触指すれば普通より固く、腎臓部も毒結の塊を見るのである。
筋腫は子宮を牽引せる筋の一部に腫脹が出来るので、人により一個又は数個大中小それぞれあり、医療は手術によって除去するが、之は奏効する事もあるが、()だ手術の際の薬毒が残存し、時日を経て種々の病的症状を表はすを以て手術は不可である。

 次に、子宮癌は医学上誤診が多いのである。
それは更年期以後出血のある場合、医診は先づ、子宮癌の疑を起すが、其際下腹部に固結を見るので、それを癌と思ひ手術除去するのである。然るに之は実は月経の古血の塊りであるといふのがその殆んどである。何となれば斯かる症状に対し本施術を行へば、大抵二三日後多量の出血があって、拭ふが如く全治するからである。そうして以上種々の子宮患者も本医術によれば概ね全治するのである。

 次に多い病気に卵巣膿腫がある。
医療は手術によって、卵巣内に集溜せる膿を排除すべく卵巣を除去するのである。大抵は左右(いず)れか一個であるが(まれ)には二個の場合もある。然し乍ら割合手術は奏効するが、一個の場合姙娠率は低下し、二個の場合姙娠不能となる事は勿論である。
又子宮も卵巣も除去せし場合姙娠不能のみでなく性格も一変し、男子の如くなる事は人の識る所である。
本医術によれば時日を要するが、大抵は全治するのである。

 次に、婦人淋疾も多い病気で、俗に()消渇(しょうかち)であるが、之は男子の場合と同様で、唯だ摂護腺炎及び睾丸炎は婦人には無いが、婦人は男子より尿道が短縮せる故膀胱を犯し易く、尚腎臓までも侵す事がある。
又バルトリン氏腺と称し、左右小陰唇の下部に小孔がある。粘膜を不断に浸潤すべき粘液を出す孔で、之が淋菌によって腫脹する場合がある。
之も医療は手術によって同腺を除去するが、其結果性欲減退するから手術は不可で、之は放置するも治癒するのである。

 次に月経に関するものに無月経及び月経痛及び月経不純不順がある。
無月経は普通十三四歳以後に到るも月経の無いもので、日本人は平均十四歳位としてある。此原因は喇叭管口(らっぱかんこう)附近にある毒結の圧迫による閉鎖の為であり、月経痛は毒結圧迫により縮小せる喇叭管(らっぱかん)を経血通過の際の痛みである。
又月経不順も右と同原因であるが、本施術によれば容易に治癒するが、医学に於ては毒素溶解の方法を知らないから治癒困難とされてゐる。医学に於てよく喇叭管(らっぱかん)が腫れてゐるといふが、之は誤りで、実は外部からの毒血圧迫の為で、医学は内部から見るので腫れてゐると誤解するのであらう。

 次に姙娠腎も多く、大抵七八ケ月以後に発生し、強度の浮腫を伴ふものである。
医家は危険となし人工流産を行ふが、原因は平素から背面腎臓部に毒結あり、それの圧迫以外、姙娠に因る前面からの圧迫が加はる。即ち二倍の圧迫を受ける結果強度の萎縮腎となり、その余剰尿による浮腫である。
本医術による時、数回の施術にて殆んど全治するのである。

 姙娠中の悪阻(つわり)(すこぶ)る多い症状で、甚しきは嘔吐頻繁の為、一ケ月以上碌々(ろくろく)食餌を()(あた)はず人工流産のやむなきに至る場合もあるが此原因は既記の如く、胃の下部にある毒結が、子宮膨満によって圧迫される為で、即ち自然は腹部膨満の障碍物を除去する為の浄化作用が嘔吐の原因で、本医術によれば容易に全治するのである。

 子宮外姙娠もよくある症状で、且つ非常に恐れられてをり、医療は手術以外方法はないとされてゐる。
原因は勿論喇叭管(らっぱかん)内に受胎する為で、妊娠二三ケ月頃下腹部の激痛に伴ひ出血があれば外姙娠と想ふべきで、本医術によれば、数回の施術にて全治するのである。

 白帯下(こしけ)は殆んどの婦人にあり、医学は之を不可として種々の治療を行ふが、効果のない事は周知の通りである。
医学は子宮が悪いといふが、之は誤りで子宮は全然関係がなく、実際は化膿性腹膜炎の毒素が、緩慢なる浄化によって溶解し、一旦子宮内に滞溜し流下さるるのであるから健康上可であり、放任すれば自然治癒するのである。
但し注意すべきは、膣炎、膣痙攣、掻痒症等は白帯下(こしけ)の毒素による刺戟の為である。

 子宮脱出は経産婦に多く、原因は出産時、(いき)みの為子宮筋の緩みに加へ、子宮孔の弛緩未恢復の為で、大抵は放任によって治癒するが、本医術によれば容易に全治するのである。

 不感症は割合多いが、殆んどは秘密にする為知られないのである。
医学上、不感症はホルモン欠乏及び子宮発育不全とされてゐるが、此両原因は萎縮腎に()るので、本医術によれば確実に奏効するのである。

 茲で姙娠に就て心得おくべき事がある。
それは姙婦の状態を診て出産の重軽を知り得る方法である。即ち姙婦が健康であれば子宮だけが膨脹して他には異常なく、恰度(ちょうど)下腹部に円形の玉が隆起せる如く際立ちて見ゆるのである。
此様な状態であれば出産は軽いと共に出産間際まで身が軽く活動が出来、予後も順調である。
右に引換へ下腹部から腰部へかけ膨満してゐる姙婦は割合多いが、之等は出産は重く、出産時の近よるに従ひ身体重く活動不如意となり、産後の経過も概ね不良である。
勿論右の如き膨満は萎縮腎に由る浮腫であって、本医術によれば容易に全治し、出産は非常に軽く、又出産前後の状態も(すこぶ)る可良であるから、本医術の偉効に感謝せざるものはないのである。