『天国の福音』


不快感及び嘔吐


 茲に不快感といっても一様ではない。
(おも)なる症状を記せば嘔気、痙攣、船車の酔、憂欝感等であらう。
そうして最も多いのは嘔気である。
(この)原因は脳貧血に()る胃の反射作用と高熱、食物中毒、薬剤中毒、溜飲、幽門狭窄(きょうさく)、姙娠の場合等である。

 脳貧血が強度に発生する時必ず嘔吐を伴ふものである。
此際額に掌を触るれば氷の如く冷へ、膏汗(あぶらあせ)()き、顔面蒼白を呈するので、脳貧血を確認するのである。
此際頸部及び延髄部を探れば必ず固結がある。
その固結を溶解施術すれば速かに快癒する。
その訳は固結の圧迫が消へ、血液が頭脳に流通し得るやうになるからである。

 又高熱による頭脳浄化の場合、脳貧血と等しく胃の反射作用を起し、嘔吐の原因となる事もある。

 食物中毒は食物中の毒素を体外に排泄すべき浄化作用であり、多くは下痢が伴ふものである。

 薬剤中毒は、年月を経て一旦吸収された薬剤が、胃内に還元する。其場合一種の毒素となり嘔吐するのであるから、斯かる場合服用せる薬剤の臭ひがする事がある。

 溜飲は胃中に流入せし胆汁が、胃弱の為嘔吐するのである。

 幽門狭窄に()る嘔吐は胃によって消化せる食餌が幽門狭窄の為下降し難いから逆流せんとする為めである。故に斯かる場合、柔軟食又は流動食なれば狭窄せる幽門も通過し易いから嘔気は起らないのである。

 悪阻(つわり)は胃の外部に滞溜凝結せる毒素が子宮の膨脹によっで外部へ排泄されんとする為であるから、此の毒素を溶解排除する事によって容易に治癒するのである。

 痙攣は霊的原因と高熱発生時に悪寒(おかん)の二原因があるが、霊的説明は最後の附録中に詳説する。

 船車の酔は、胃の外部に毒結あり、それが動揺によって少しづつ溶解、胃内に滲透する為である。
憂欝感は霊的の場合、又は胃の不活溌、黄疸、脳貧血又は肩及び背部の凝り等である。