『天国の福音』


腫物及び火傷、切傷


 腫物には瘍疔(ようちょう)(もと)より、普通の腫物、結核性、毒虫の為等種々あるが、(いず)れも浄化作用であって、体内の不純物が毒血膿汁となって皮下に集溜し腫脹し、皮膚を破って排泄せられるのであるから、全く生理的自然作用ともいふべきで、放任しておけば順調に治癒するのである。
然し乍ら右の過程の多くは激痛を伴ふのみならず、瘍疔(ようちょう)の如きは生命に関する程の危険ありと教育されてゐる為非常に恐怖を感じ、而もそれは手術によらざる限り治癒不可能とされてゐる関係上急ぎ医師に行く、医師は薬剤の塗布又は氷冷、湿布等にて散らさんとするが結局は、メスによって排膿の余儀なきに到るのが普通一般である。
然るに手術の結果は薬毒等により意外な悪化を招く事があるのみか、手術の為の治癒遅延は免れ得ないのである。

 結核性の原因は、浄化発生によって一旦皮下に集溜腫脹せんとする時、氷冷其他の方法によって浄化停止を行ふ為、還元又は固結する結果固結毒素の再浄化は初発時より執拗であるから、之を結核性といふのである。

 虫類又は獣類による傷害、即ち蜂、蛇、(まむし)の類、鼠、猫、犬等に()まれた場合、その動物特有毒素の為、それぞれ症状は異るが、苦痛甚だしく(まむし)、鼠、犬等に至っては生命の危険すらある。
然し本医術によれば、蜂の刺傷は数分間、蝮害は数時間、狂犬は数日間にて完全に治癒するので、その実際を見る時何人(なんびと)もその偉効に驚くのである。

 火傷(やけど)及び切傷の場合大抵は化膿する。
それは人体の一部に傷害を負ふ場合、傷害部に近接せる毒素を主に、他の各部にある毒素と(いえど)も誘導的に傷害部に集溜する。それが化膿であるから、之は大いに喜ぶべき事であると共に放任すれば必ず順調に治るのである。そうして(すべ)ての痛みは薬毒であり、(かゆ)みは然毒或は特殊薬剤によるのである。
(すべ)て皮膚に関する疾患の予後は醜痕を残す。即ち手術は引吊りとなり、薬毒は紫黒色等の痕跡を(のこ)すが、自然治癒によれば右の如き醜痕、色痕は貽らないのである。

(いず)れの症状と(いえど)も、本医術によれば重症も容易に治癒するのは勿論激痛も忽ちにして緩和、又は除去されるので、患者の歓喜は常に経験する所である。