『天国の福音』


下痢


 下痢は最も多い症状で、先づ急性と慢性とに区別される。
急性は飲食物に()る中毒即ち食あたりである。
世間よく寝冷へによって起るといふが、之は誤りで冷へに()る下痢は極稀である。
食中(しょくあた)りに()る下痢の際、薬剤によって止めたり、反対に蓖麻子油(ひましゆ)等によって排泄を促進させる事を可とするが、之等は勿論不可であって治癒を永引かせるのみである。
自然治癒が最も良いのである。

 右の外、食中(しょくあた)り以外突如として猛烈に発生する下痢症がある。
一日十数回乃至(ないし)数十回に及ぶものさへある。
勿論水便であるが、血液の混入する事もあり、甚だしきは腐肉とも見ゆるものが下る場合がある。
之等は膿及び毒血の固結の猛烈な浄化作用による為である。
勿論肉や臓器の一片と(いえど)も排出さるべき訳はない。
斯様(かよう)な下痢症は青少年に多く老人は稀である。

 之等も放任しておけば必ず治癒するのであるに係はらず、世人は驚いて医療を加へるがそれが(かえ)って悪化の(もと)となり、永引いたり、死を招いたりする事さへあるのである。

 次に、慢性下痢は数ケ年或は数ケ月に及ぶものさへある。
医診は大抵腸結核といふが、之は既説の如く化膿性腹膜の浄化作用であって、原因は腎臓萎縮による尿毒が常に腹膜に溜結する為である。