『天国の福音』


咳嗽および逆上と耳鳴


 咳嗽は(さき)に詳説したが、尚二三補遺する事がある。
咳嗽発生の原因は実に身体(あら)ゆる局部からであって、医学で()ふが如き咽喉とする事は問題にならない錯誤である。
意外と思ふのは頭脳、顔面、歯齦(しぎん)、手足の指、特に股間陰部等にある固結毒素を溶解施術するや、間髪を()れず咳嗽し吐痰するのである。
私は以前弟子である某医学博士の股間を施術した事がある。
その都度咳嗽吐痰をするので、その博士は(いわ)く『仮令(たとえ)、毒結が溶解排除されるとして、間髪を入れず喀痰が咽喉部に移動するのは如何なる脈管を通過するのであるか不可解極まる。』
といふのであるが、それに対し私は斯う説明したのである。
『人体内の生理作用は、不要物を排除する場合、筋肉も臓器も難なく一瞬にして透過するので、此理は霊と物質の関係を知るに於て、容易に理解し得るのである。』と。
霊と物質との関係は附録中に詳説する。

 逆上(のぼせ)は、世人の考へるやうな血液が上昇するのではない。
顔面又は額部に溜結せる毒素の浄化作用で、紅潮を呈するのはその熱の為である。

 耳鳴は、耳下腺に溜結せる毒素及び内耳近接部及延髄部に溜結せる毒素が、浄化の為溶解する音響であるから、それ等の毒結を溶解排除するに於て容易に治癒するのである。