『明日の医術』 第三篇 昭和十八年十月二十三日


霊層界と人間


 霊界は、天国八衢(やちまた)地獄の三段階になってゐる事は、既に詳説した通りであるが、之が人間の運命と密接な関係が有る事を、爰に説かふとするのである。

 霊界に於ける三段階は大別しての事であって、細別すれば一段は六十に別れてゐるので合計百八十段になってゐる。勿論、層になってゐるので、私は、霊層と名付けるのである。そうして此霊層に対し、人間は如何なる関係があるかを順次説いてみよう。

 私は(さき)に、人間は肉体と霊体と密着してゐる事を説いたのであるが、その霊体なるものは、実は個体ではなく、今一つの或物との繋がりがあるので、その或物を名付けて幽体といふ。幽体とは、霊の霊であるともいへるので、霊体が肉体を、支配する如く幽体は霊体を支配してゐるのである。
此意味に於て、人間の生命の真の根源は、幽体そのものであるといってもいいのである。

 そうして幽体とは、霊界の生活者であるから、人間死するや、霊体は直ちに幽体に引かれて幽体と密着する事になる。
それは生前、霊体と肉体と密着してゐたのと同様の意味である。又幽体は、霊界に於ける百八十段層の何れかの層に属してゐる事は勿論である。然し乍ら、幽体の居点は常に一定する事なく、その層の段階を常に上下してゐるが、普通時は或範囲内に限られてゐるのである。稀には、その範囲外へ出づる事がある。それが肉体的に表はれる場合、運命の急転となるのである。

 人間の運命即ち幸不幸は、幽体の居点である霊層の階級によるので、それは実に決定的である。

 そうして霊界に於ても主宰神があり、八百万の神が分担管掌してゐる事は、曩に述べた通りであるが、幽体に対し、断えずそれぞれの命令が下るのである。
従而(したがって)、その受命者の任務遂行が霊体に反映し、肉体に反映し、肉体がその如く動くのである。

 如何なる人間と雖も、自己が計画し企図する事が、常に実際に於て意の如くならない事の多いのは誰もが経験する所であらう。
従而(したがって)
予想外な運命や、意外な結果に逢着(ほうちゃく)するといふ事は、実は現世の人間の予想や思念は、幽体の運命に左右されなければならない法則であるからである。又自分自身に対し、眼に見へない或大きな力が常に支配しつつあるやうな感想が大抵の人は有るものである。この支配者とは即ち幽界に於ける支配者即ち神であって、健康、富裕、平和の世界であり、之に反し、下方にゆく程、病気、貧困、争闘等の絶間ない醜悪世界である。その中間帯である八衢(やちまた)が丁度現界に相応してゐるから、現世は健富和の幸福、病貧争の不幸と入り混ってゐる事は、誰もが知る所である。

 右の理によって、現世に於ける幸不幸は、幽体の住する界層の階級によって定まるものである。
従而(したがって)、人間が人為的に如何に幸福を求め、実現しようと努力しても意の如くならないのは、右の理に由るからである。然し、現世に於て斯ういふ例もある。それは富裕者であり乍ら足るを知らず、吝嗇(りんしょく)なる事貧困者と異ならない人があるが、之等は人為的に苦心努力の結果、一時的富裕者となったまでで実は幽体は下層にあるから、斯様な人が死後霊界に往くや、幽体相応の貧困者となるので大いに後悔するものである。

 故に、幸福者たらんとするには、幽体を上層に住する事より外に道はないのである。
然らば、それは如何なる方法によるかといふに之は何人と雖も知らねばならない事であらう。

 茲処(ここ)で、幽体が何故上中下に分離するかといふ事であるが、それは左の如き理由によるのである。

 即ち、幽体の重量によるのである。軽い程上層に、重い程下層に往くのである。
そうして軽いとは幽体が清浄であるからであり、重いとは溷濁(こんだく)してゐるからである。溷濁(こんだく)とは勿論罪穢に()るのであるから、清浄な幽体たらんとするには、その罪穢を滅消しなければならない。然らば罪穢とは何ぞや、言ふまでもなく自己愛による不正、虚偽の手段を以て人を苦しめ世を毒するといふ悪の行為によって発生し堆積するのである以上、それを滅消するには、その反対である利他愛による正義真実等の善的手段によって人に幸福を与へ、国家社会の為になる行為を多くすることより外にないのである。勿論それは厳然たる天則で、人力の如何共為(いかんともな)しがたいものである。

 右の意味によって、私の説く現幽相互の関係を知ると共に、衷心から信じ得らるる人こそ幸福の門に一歩入ったといふべきである。

 右の霊層界に就て、今少し言ふ事がある。天国に相応する所の上層界は、健富和(けんぷわ)の活力が生々として流通しつつ、上層程それが高度である事は勿論である。
斯かる説は、私の観念による仮説と思はれ易いのであるが、決してそうではなく、事実である事を立證してみよう。

 私が永い間、本医術によって患者が治癒した場合、健康恢復のみではなく、性格も一変する事である。
それは争を(いと)ひ、親和的となり、楽天的となるのである。特に講習を受け病気とそれに関する霊的事象を知るに及んで人生観が一変すると共に、不思議な現象が起り始めるのである。それは健康のみではなく必要な物資も恵まれ豊かになる事であって、而も、人為的では更になく、惟神(かむながら)的に思はざる所から、奇蹟的に入手するのである。斯事は受講後の誰もがいふのであるから、誤りはないのである。又、今迄不和であった人と親和し、今迄よりも人から尊敬を受け引立てられたり、希望が実現したり、仕事の能率が上り、試験にパスする等幸福的の事象が非常に多くなるといふ話をよく聞くのである。

 右は、如何なる訳かといふと、病患の治癒者、特に受講せし者は、人間の健康や生命の真実を知るに及んで、盲目であった霊魂が、飜然と覚醒するのである。
()の釈尊が曰った等覚を得て仏となり、正覚を得て菩薩となり大覚を得て如来となるといふ意味と同一であらう。従而、受講者は等覚を得るのであるから即心即仏となり、霊的地位が向上する訳で一躍霊層界の上級に転位する事になるので、右の如き事象に恵まるる事となるのである。