『信仰雑話』昭和二十三年九月五日


プロテスタントとカトリック


 私はキリスト教に(つい)(すこ)しく話したい事がある。
それはプロテスタントの無教会主義と、カトリックの教会主義との意見の相違である。
無教会主義とは読んで宇の如く「教会を必要としない。聖書一本で進むぺきである」というに対し、教会主義は「キリスト昇天後教会が先に出来、聖書は後から出版されたものであるから、教会は重要である」と言うのである。之に(つい)(いず)れが是か非か、私の見解を述べさしてもらいたいと思う。
此問題に対し(いず)れにも理由があるが、私は霊的方面から解釈してみよう。

 霊界に於ては、霊体一致の法則に従って、霊と物質の一致が原則である。
即ち霊が何等かの目的を遂行せんとする場合、物質を利用しなければならない事がある。
例えば神仏を招聘(しょうへい)し、その御霊徳を授与されたい場合、出来るだけ清浄なる土地へ、教会又は神社堂宇を建立し、祭壇又は御神体、仏像等を安置し、香華(こうげ)を手向け、御饌御酒(みけみき)を献供し恭しく礼拝祈願すべきで、それによって高貴なる神仏も降下又は鎮座ましますのである。そうして危急の場合は、何時如何(いついか)なる揚所にいて祈願するとも、一瞬にして神仏の霊は身近に来り(たま)い、御守護下されるのである。然し乍らプロテスタントの如く物質を介せず、空間に向って祈る場合、其誠は神霊に通じ、或程度の御加護のある事は間違いないが、相応の理によって、どうしても其御加護は薄い訳になるのである。之に(つい)て霊と物質との関係をかいてみよう。

 霊界に於ては神仏の霊は(もと)より、人霊も、動物霊も、(すべ)て何等かの物質に、神懸り、又は憑依するものである。
例えばキリストは十字架へ、諸神諸仏は文字、御鏡、絵画、彫像等へ懸り(たま)い、人霊は多く文字へ憑依され、動物霊は人体又は文字、稲荷なら狐の形状したもの、御札(おふだ)等へ、龍神は文字又は蛇形のもの、石塊(いしころ)等である。
右の場合高級の神霊仏霊は、其作者の人格に関係するので、昔から名僧智識や名人等の絵画彫刻は貴重な物とされた訳である。

 ()ういう事もある。
外国の霊が日本へ渡来する場合、霊のみにて空間を渡来する事は出来ない。
それは霊の往来する範囲は階級によって限定されているからで、そこで止むなく物質に憑依する、即ち共産主義の霊などは多くマルクスの著書に憑依して渡来し、その霊が各大学の講堂の壁面に並んでいるそうで、その姿を霊視した人から私は聞いた事がある。又中華民国の霊なども種々の品物に憑依して渡来するそうである。同様日本の霊も品物に憑依して海外へ渡航するのであるが、神仏の霊は高位になる程往来する範囲が広く、地球全体に及ぼし(たま)うのは最高貴の神仏である。

 以上の理によって、()の偶像説の誤りである事を知るであろう。