『栄光』七十四号、昭和二十五年十月十八日


迷信の定義


 迷信の定義などとは、今日迄余り言われない言葉だが、実は迷信にも定義があるのだから面白い。
迷信でないものを迷信とみるのも一種の迷信である。
善いと思ってする事が悪い結果になるのも迷信の為である。
効かない薬を効くと思って()むのも、それを人に勧めるのも同じく迷信であり、肥料をやるよりやらない方が、沢山穫れるに拘らず、肥料を施すのも迷信だからである。悪い事をしても知れないと思って、網に引っ掛かるのも迷信の為であるが、但し之は頭へ愚がつくのである。重役や役人が隠れてうまい事をしたと思っても暴露し、罪人になるのもそうであり、又子供の教育を厳格にした方が立派な人間になると思ったのが、思いもつかない不良児になる事がある。之も教育の迷信である。斯んな事をかくとキリがないし、此位で判ったと思うが、茲で可笑しいのは、易者や暦やオミクジ等の些々(ささ)たる事を、迷信として大袈裟に取上げるが、成程之等も迷信には違いないが、僅かな迷信で問題にはならない程である。
斯んな小ッポケなものにこだわる為に、反って前述の如く大きな迷信に気がつかないのであろう。

 そうして、宗教に就て言えば、宗教にも迷信と正信がある訳だ。
即ち正信七分迷信三分のものもある。
かと思えぱ、迷信七分正信三分のものもある。これなども前者は七分の正信で感激し、三分の迷信を抹殺して(しま)い、後者は三分の正信によって七分の迷信を抹殺して(しま)う。世の中の神仏を信仰する人々は、殆んど右の類であると言っていい、処が之を反対に見るのが唯物主義者であって、両者の迷信のみの面を見てそれを誇張し、迷信として排撃して(しま)うジャーナリストやインテリは、斯ういう側の人が、多数を占めているようだ。

 此様な訳で、絶対の迷信もなければ、絶対の正信もないのが真理であってみれば、先ず宗教でも他の如何なるものでも批判する場合迷信の分子よりも、正信の分子が多ければ多い程、価値ある訳であるから、充分炯眼(けいがん)を開いて誤らなきを期すべきである。
迷信の定義とはザッと以上の如くである。


御歌

・今の世にいと恐ろしきものとふは毒を薬と思ふ迷信

・唯物科学の(とりこ)になりし迷信の(から)を破らん神の力に

・迷信の科学文明打ち破り吾()つるなり真の文明

・正神の眼に映る今の世の文化大方迷信にぞある

・迷信の唯物科学に(いのち)(まか)す人こそ世にも哀れなりけり

・正神を迷信と見る迷信は世にも恐ろしきものにぞありける

・医学肥料無神の三大迷信を正さるるらん神の御業(みわざ)

・恐ろしきものは科学の迷信と覚れよ不幸を生むものなりせば

・医学迷信肥料迷信の(この)二つ打破らねば世は(つい)えなん 

・肥毒迷信打砕かれて豊葦原瑞穂(とよあしはらみずほ)の国に立ちかへりける

・肥料中毒の(もと)はといへば百姓(みたから)の心に巣喰(すく)ふめいしんなりける

・もろもろの迷信見えぬ常暗(とこやみ)の世にぞありける(しるし)なりける

・科学迷信が作る病と凶作の災を()我救(わがすく)ひかも

・恐ろしき肥毒迷信此土(このど)から消えて生まるる農村天国

・取るに足らぬ医学の奇蹟デカデカと新聞に見る迷信の世や

・迷信も世に数あれど医学程大いなるもの(ほか)にあらじな

・迷信の王者は医学と知るなれば早や救はれし(しるし)なりける