『自観叢書』 第十二編 昭和二十五年一月三十日


日と月


 宗教上より見たる日と月に就て説明してみるが、之は甚だ神秘幽玄にして、コジツケとみらるる節なきに(あら)ず、然し之は真理である以上、心を潜めて判読されたいのである。
日本古代に三種の神器がある。之は(たま)(つるぎ)(かがみ)という事になっているが、即ち玉は日であり、剣は月であり、大地は鏡によって表徴されている。玉は太陽の形であり、剣は三日月の形であり、鏡は八咫(やた)の鏡と唱え八凸(はつとつ)に分れている。
即ち東西南北、艮 辰已 (ひつじさる) 戌亥(いぬい)の八方を型どったものである。
此三種の中で大地は判り切っていて説明の要はないが、日月に就ては深い意味があるから、それを書いてみよう。

 茲で解り易くする為、天理教で唱える説を借りてみるが、それは月は突であり、日は引くという意味で、日月とは引きと突であるという。
之はなかなか面白い解釈と思う。それは夜の世界に於ては何事に於ても突く事を好む。大にして国と国とが互いに突き合う。戦争がこれである。衝突という事も突き合いである。古代に於る戦争は剣で突き合った事は明かである。それが転化して交際することもつき(あい)という。
文字が違うだけで言霊は同一である。突進むという言葉は勝利を意味する。全く月の働きであり、夜の世界を表わしている。

 右に引換え、ヒキ、ヒクは、退く事である。
引寄せる、陣を退く、敗北する、腰を低くする…というように(すべ)て月と反対であり、此理によって昼の世界は(すべ)てがヒキの働きであるから、負ける事を善しとする。
人間では謙譲である。之では争いの起りよう筈がない。吾々の方では風邪を引く事は良いとしている。本教団の目的が病貧争絶無の世界を造るという。その争がなくなるのは以上の意味から考えらるるのである。
本教団は日即ち火素の活動が主である以上、月でなく引きを心に銘じて活動すべきで、それによって多くの人が引寄せらるるのである。

 又日は玉であるから、円満清朗、円転滑脱でなくてはならないのは勿論である。


御教え学びの要点

「日」を意識する。

お取次ぎ: ヒキの姿勢一つ取って見ても日が出ていない状態でヒキを目指しても善に味方する力が弱いとボコボコにやられてしまうだけで、結局は自分も突きの姿勢でいなければやっていけない、結果として御教えに沿った生き方は出来ないという事をお話になっていて、善に味方する力が現界に作用しないと夜の癖を溶かす事は現実的に困難であると言う事をしきりに繰り返していました。

 また人間の集まりが社会・世界なので、浄化を頂いて夜の癖を溶かして頂いて自らの魂の力を発揮させられる人間が多くなれば地上天国に近づくのは誰もが分かるので、今まで日が体の体に現れなかったという事はこれらの逆であった、自分達が信仰をしつつもメシヤ様が仰る様なものを長い間見せて頂けなかった、奇跡を頂く事が難しかったのはここなんだと繰り返し仰っていました。
これから御教えを拝読するにしても、それを実行するにしてもお出ましになった日の力を意識していくと今まで以上に違ったものが見えて来るので、これから集って勉強をする時はこの日の力を意識して欲しいとの事でした。